Anton日々精進それから

antonmino2.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 06月 ( 56 )   > この月の画像一覧

浅草寺 平成本堂大営繕のようす

b0091575_2324354.jpg
来年末までかかる予定の浅草寺本堂の大改修工事。「平成本堂大営繕」と銘打ち、本日も作業が行われておりまつ。今年に続き来年も三社祭の朱引きはイレギュラーな行程になるだろうが、再来年の年越し、正月はビカビカの本堂で。現場はこの通りかなりのインパクトある光景でありまつ。
b0091575_23244651.jpg
浅草寺のHPに「工事進捗状況」として、浅草寺本堂草創から平成大営繕までの経緯が書かれておりまつ。そろそろ瓦葺きが完成する頃かな?
b0091575_23245742.jpg



[PR]
by anton_ms | 2009-06-30 23:25 | 吟遊詩人の旅

浅草神社 夏越しの大祓

b0091575_21533756.jpg
今年の春先から公私ともにロクな事がない状況なので「お祓い」でつ。大祓の儀式に参加するつもりはないが、至近距離でおこぼれに頂戴致しまつ。(それじゃご利益がないって?ごもっとも)
b0091575_21534793.jpg
儀式が15:00からなので30分前に浅草神社に到着したんだが、人はガラガラでこんな感じ。茅の輪の「くぐり方」の説明を読んで八の字くぐりをしてお参りして立ち去る、といった人がほとんど。どうやら15:00からの儀式は一般的にはあまり認知されてないよーでつ。
b0091575_21535661.jpg
15:00過ぎに仮社務所nから出てきますた。いきなり出てきますた。お祓いを受ける人が宮司の後に続きまつが20人前後ってところで「意外と小規模、地味?」。ま、とにかく見守りまつ。おこぼれ、おこぼれ。
b0091575_2154773.jpg
全員で茅の輪くぐりをしていまつ。
宮司を先頭に参加者が一列になり、茅でつくられた直径2m以上ある輪を一人ずつくぐりまつ。列は8の字を描くようにゆっくりと進み、茅の輪を左回り、右回り、左回りと3回。お祓いを申し込んでいない一般の人達が訳も分からず続いているのはご愛嬌でつな。意外とあっさりとくぐっておりますた。
b0091575_21541721.jpg
その後、本殿内へ移動し、神事は続く。明日からは新しい半年が始まりまつ。散々な今年前半が好転すればいいのだが。とりあえず明日から新たに精進していきまつ。
b0091575_21542778.jpg



[PR]
by anton_ms | 2009-06-30 21:54 | 吟遊詩人の旅

明日は夏越しの大祓

b0091575_21175942.jpg
病院の帰りに浅草橋で買い物。その道順だとこの神社の脇を通りまつ。
鳥越神社の茅の輪。ちょうどひと組の家族がくぐり終えてお参りをしているところですた。


[PR]
by anton_ms | 2009-06-29 23:39 | 吟遊詩人の旅

6.29 本日の病院食

b0091575_21165116.jpg
転院以来続いていた24時間点滴がよーやく本日とれますた。血液をサラサラにする薬を投薬してたんだが、なんとか好転したのでよかったでつな。今後、内服薬の量もだんだん減らしていける方向になるだろう。
そうなると副作用も治まってくるよーで、(コレステロールが溜まりやすくなるのも副作用のひとつ)食事のカロリー制限が緩くなってくるみたい。早くも我輩がこの間行った「梅むらの豆かん」が喰いたいらしい。副作用が治まってくれば、頸部の圧迫感や顔やカラダのむくみも治まってくるらしいので快方を実感出来るだろう。やっぱルックスを気にしているので早くそうなって欲すいでつな。
b0091575_2117238.jpg
明日は昼過ぎまでに野暮用を済ませて15:00からの浅草神社大祓に顔を出そうと思ってまつ。
結構雨が振ってるけど、午後からは上がるらしいので自転車でちょこっと行けるだろう。


[PR]
by anton_ms | 2009-06-29 23:17 | B級グルメの贅沢

東京MXで根津

この番組は、東京、福岡、宮城、大阪、北海道の5地区で始まり、それぞれ違う吉本芸人がレギュラー出演するもので、次長課長とケンコバは東京担当。東京は4月からやってるみたい。
b0091575_22513758.jpg
「地元応援バラエティ このへん!!トラベラー」 毎週月曜日 22:30〜23:00放送
本日の放送では次長課長とケンドーコバヤシの3人で根津を散歩していますた。
ゆうCafe根津くらぶあたりが紹介されてますたな。
ロケでは柳の庭も取材されてたよーでつが放送ではカット。見たかったんだけど残念だったなあ。


[PR]
by anton_ms | 2009-06-29 23:05 | TVっ子ですが、何か?

浅草五丁目のお風呂

b0091575_22425651.jpg
「アクアプレイス旭」 火曜日定休
台東区浅草5-10-10 03.3872.3091 15:00〜25:00営業
薬湯、電気風呂、ジャグジーなどがある浴室から内部階段を上って中二階に上がると、サウナと20℃アンダーの19℃の水風呂がある。中二階からのちょっと変わったこの眺めいいでしょ。
b0091575_951617.jpg



[PR]
by anton_ms | 2009-06-28 22:43 | 銭湯はパラダイス

芸工展 日程決まって準備開始

b0091575_10545218.jpg
昨年、偶然に開催を知って見にいった谷根千エリアの「芸工展」。今年の開催は・・・
☆芸工展2009 開催日程☆
 2009年10月10日(土)〜10月25日(日)
☆芸工展2009 参加説明会☆
 開催日 2009年6月28日 第一回10:00〜11:00 / 第二回15:00〜16:00
 説明会会場 香隣舎(旧谷中学校)台東区谷中7−17−6
b0091575_1152437.jpg
☆芸工展とは☆
「まちじゅうが展覧会場」をキーワードにより平成5年にスタートした谷中芸工展は、今年で17回目。毎年10月の中旬に2週間にわたり谷中・根津・千駄木・日暮里・上野桜木・池之端界隈を舞台に開かれています。
芸工展は谷中に暮らす普通の人々の日常の創作活動をとりあげ、まちの多くの人に興味を持ってもらい谷中の魅力を語り合ってもらう場、「日常の延長としての表現」を通して、まちの様々な人が互いの生活を理解し、認識を深めていく交流の場を目指して開かれています。
芸工展の参加者は筆や彫金、せんべい、鼈甲といった谷中に根付く職人の他、まちに点在するギャラリーやアーティストのアトリエ、路地での落書き大会や街角でのワークショップ、また自宅の一室を公開して行う展示などの自主企画からなります。2002年に100企画であった参加者は2008年は118企画156に達するまでになり、まち内外の参加者・訪れる人々にとってまちの新たな魅力を発見する場となっています。



昨年は「参加間に合わなかったぁ・・・」と嘆いていた柳の庭のH女史、今年は頑張って欲すいでつな。
[PR]
by anton_ms | 2009-06-28 11:24 | 吟遊詩人の旅

お富士さんの植木市

b0091575_221572.jpg
6月初旬で近所の祭も一段落で、これから先は朝顔市、七夕祭り、ほおづき市と続く。そんな流れで本日は植木市でありまつ。梅雨時の風物詩でもありまつな。観音裏、浅草警察の向い側に浅間(せんげん)神社があるんだが、その山開きに合わせて周辺で大掛かりな植木市が開催される。
一般的に神社で山開きというと境内の一角にある富士塚を富士山に見立てて7月1日前後に行われるが、浅間神社には富士塚がない。神社自体が一段高いところに設けられていて、それを富士山に見立てた山開きが行われているということだ。で、先ずは神社にお参りしてから。
b0091575_036610.jpg
浅草富士 浅間神社 台東区浅草2-3-1 03.3844.1575
先日紹介した「夏越しの大祓」の茅の輪がしつらえてありますた。神社の周りは植木やその他の露店はないので落ち着いた感じ。今の願いは色々あるが、とりあえずは奥さんの退院でつかな。
b0091575_0361715.jpg
さてお参りも済んだし、一度自転車を停めておいた見番まで戻って植木市をブラつくことにする。
b0091575_0362652.jpg
お富士様の植木市
我が家から中途半端に遠いせいか考えたら初めての光景。市といってもメインが植木だから落ち着いたモンでつな。都内の植木市としては最大級の規模とはいうものの、予想はしていたが朝顔やほおづきとは異なる静かな商風景でありまつ。植木を見ながら歩いていると植木市ってのがいかにも東京にそれも下町に適した市なんだなあ、と思えてきた。庭がなく玄関先に植木鉢が並んでいる光景が目に浮かぶ。
b0091575_0364033.jpg
植木市のメインストリートである見番通りと交差して千束通りに続く道は露店ストリートでありますた。
b0091575_0365146.jpg
こっちは子供が主体だが、植木市の3倍ぐらいの人出。数軒は焼き鳥や鮎の塩焼きで一杯呑ませる店もあったが、本日はパス。子供達のウキウキ感を追っかけてみますた。7月になると朝顔まつりだな。
b0091575_037275.jpg



[PR]
by anton_ms | 2009-06-27 22:15 | 吟遊詩人の旅

地元のB級グルメ 旬菜坊のランチ

b0091575_12504014.jpg
「旬菜坊」 年中無休
台東区寿2-7-8 03.3843.0450 11:00〜15:00 / 17:00〜24:00 営業
浅草通りと合羽橋道具街の交差点。老舗ギタリスト仏具屋の角からA見菓子道具屋方向に四軒目。
b0091575_12504930.jpg
本日の定食は
 A 海老と玉子のチリソース炒め 680円
 B 牛肉と玉葱の四川風炒め 780円
 C AとBの組合わせ(小皿で二種類)880円

の3種類でありますたが、やっぱどうせなら複数ということで Cを注文。
ちなみにその他の昼メニューは
【麻婆豆腐丼650円 / 若鶏肉の唐揚げ特製ソースがけ780円 / 中華丼750円 / 担々麺+ミニ炒飯880円】など。この店、中国丸出しの接客だが値段が安いせいか繁盛してまつ。
b0091575_1251037.jpg
食べ始めてから少したって、「これ忘れてました」といって小皿の麻婆豆腐が登場。ご飯のお代わりOKでこのラインナップはまあまあ合格なのではないだろーか。あと中華弁当が6種類あっていずれも500円のワンコイン弁当であることも点数に加算できまつな。
b0091575_1251958.jpg



[PR]
by anton_ms | 2009-06-27 12:51 | B級グルメの贅沢

気をつけないとハマる Flash Game

b0091575_15363276.gif

           GROW ver.3 リメイクその他のOriginal flash gameがいっぱい!
[PR]
by anton_ms | 2009-06-26 15:37 | 日々の暮らしについて
line

あのとき掲げた僕らの旗だけが 今も揺れている時の風の中で(the flag)


by anton_ms
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー