Anton日々精進それから

antonmino2.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧

急転直下! ヌル秋山がUFC電撃参戦   

米国ナンバーワンの総合格闘技「UFC」は24日、公式ホームページにおいて秋山成勲と独占契約を結び、今夏にもデビュー戦を行うことを発表した。この公式リリースによると、秋山を「ミドル級トップ10の選手」とし、ダナ・ホワイトUFC代表は「秋山をUFCに連れてくることができ、すごく興奮している。ミドル級戦線ですぐにでも大きなインパクトを残すだろう」とコメント。また、「UFCファンも彼のファイトを好きになるはずだ」としている。
 秋山は昨年12月に自身のホームページでDREAM、Dynamite!!などを主催するFEGとのファイティング契約が11月いっぱいで切れたことを発表。大みそかDynamite!!には出場せず、今年、どの団体で試合をするかに注目が集まっていた。また、UFC公式サイトによると、日本、および韓国において近く会見を開き、詳細を発表するという。       [ スポーツナビ 2009年2月25日 15:41 ]
b0091575_7291985.jpg
[ UFC Inks Akiyama ]   By Thomas Gerbasi
The Ultimate Fighting Championship today announced that it has signed top-ten middleweight contender Yoshihiro Akiyama to an exclusive promotional contract that will see him step into the UFC Octagon for the first time this summer.
“I’m excited to bring Akiyama into the UFC and I can see him making an immediate impact in the middleweight division,” said UFC President Dana White. “Besides his great judo and submission game, he’s a finisher, and UFC fans are going to love watching him because he always shows up to fight.”
Born of Korean descent in Osaka, Japan, Akiyama first made his name in the international sports world as a decorated black belt in judo who collected numerous titles, including a Gold medal in the 2002 Asian Games.
By 2004, Akiyama sought a new challenge in the world of mixed martial arts, and he made an immediate impact on December 31, 2004 when he debuted with a first round submission win in his bout against former world heavyweight boxing champion Francois Botha.
Over the next three years, the 5 foot 10 Akiyama built a stellar reputation as one of the best fighters in the world, submitting highly-touted knockout artist Melvin Manhoef, knocking out UFC middleweight Denis Kang, and engaging in battles with the likes of Kazushi Sakuraba and Kazuo Misaki. In 2008, the 33-year old continued his run of excellence, submitting Katsuyori Shibata and Masanori Tonooka to up his stellar MMA record to 12-1 with two no-contests, with none of his bouts going the distance.
Press conferences in Japan and Korea will take place in the coming days; details to be announced shortly.
No opponent or date has been determined for Akiyama’s UFC debut.


UFCは今日、ミドル級トップ-10の秋山義博と契約したと発表した。
「私はUFCにアキヤマを連れてくることに興奮している。そして、私は彼がミドル級においてすぐにでも影響を与えることを予想出来る。」とダナホワイトは興奮気味に言った。「彼は柔道と総合の職人で、UFCファンは彼を認めるだろう。」秋山は大阪、日本、2002年のアジア競技大会でGoldメダルを含む多数のタイトルを獲得した柔道の飾られた黒帯として存在した。国際的なスポーツ世界で最初に彼の名前が知られたのは韓国国籍の時期である。
2004年に、秋山は総合格闘技の世界で新しい挑戦を求めた。2004年12月31日デビュー戦、彼が元世界ヘビー級ボクシングチャンピオンのフランソア・ボタに対して1ラウンドタップアウト勝利でデビューした。
続いてUFCミドル級デニスカーンをノックアウトした。そして有名なノックアウトアーティスト メルヴィン・マヌーフに勝利。桜庭和志とカズオミサキとの戦いも話題を呼んだ。2008年は、33才は優秀な彼の走力を続けました。そして、最後まで行っている彼の期間のどれででなくも、2つのノーコンテストで12-1までカツヨリ柴田とマサノリトノオカを彼の星のMMA記録の上のに提出した。日本と韓国での記者会見は近日中に行われる予定。秋山のUFCデビュー戦の対戦相手と時期は決定されていない。



なるほど、その手があったか・・・という感じでR。昨年9月の「DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦」で、いきなり戦極の吉田にリング上から挑戦表明しひんしゅくを買ったのは記憶に新しい。その頃からFEGとの蜜月関係が微妙に崩れてはいたが、UFCに走るとは思わなかった。
確かに秋山のスタイルはUFC向きかもしれない。もしUFCで結果を残した場合、関係者や格闘技ファンはどのような態度に出るのか楽しみでR。ちなみに我輩は秋山が好きでないので、日本のリングにこのまま上がらなくてもかまわない、というスタンスでR。


国の総合格闘技イベント「UFC」との契約が報じられていた秋山成勲が3月3日の午前中に都内で会見を行う。会見には秋山ほか、自身の所属する「クラウド秋山道場」の関係者と、UFCを運営するズッファ社からジェイミー・ポラック氏が出席予定で、秋山のUFC参戦に関する正式発表が行われる見込み。   
[ スポーツナビ 2009年2月27日 16:25 ]


[PR]
by anton_ms | 2009-02-27 07:18 | 最強の男は吾輩が決める!!

ライスを付けたのを後悔する   

本日、生まれて初めてラーメン専門店で具の「全部入り」を食した。知り合いの50嵐君におごって貰ったのでR。キャベツラーメンをベースに 海苔増し/チャーシュー/味玉 がトッピングされたラーメンは圧巻。知らずにライスも頼んでたので、その2つが我輩の前に並んだ瞬間にタップしようかと思った程でR。
b0091575_23144538.jpg



[PR]
by anton_ms | 2009-02-26 23:15 | B級グルメの贅沢

雨の白梅もいいモンだと思ふ   

b0091575_2115115.jpg



b0091575_21151978.jpg



b0091575_21153264.jpg



b0091575_21154610.jpg



b0091575_2116099.jpg



[PR]
by anton_ms | 2009-02-25 21:16 | 吟遊詩人の旅

麟祥院は春日局の法名でR   

b0091575_19145658.jpg
年に数回訪れる静かな寺院を紹介。喧騒とは無縁の静かなところでR。
b0091575_19151658.jpg
蔵前から春日通りを西に進むと御徒町のガードがあり、上野松坂屋を左に見ながらさらに進むと湯島に行き着く。後で行く湯島天神を過ぎ、本富士警察署の二本手前の路地を入るとなかなかの生い茂る異空間が広がる。ここには徳川3代将軍家光の乳母であり、大奥の制度をつくった「春日局(かすがのつぼね)」の墓地がある。
そしてここ麟祥院は、東洋大学の前身である哲学館創立の場所でもありまつ。
b0091575_19153497.jpg
雨上がりのせいもあって、風情漂うって感じが伝わるでありましょーか?


b0091575_19154798.jpg



b0091575_1916333.jpg
ちなみに墨田区、台東区、文京区を横断する春日通りの名称は、ここに眠る「春日局」から起こされた春日町という地名から付けられている。


[PR]
by anton_ms | 2009-02-25 19:16 | 吟遊詩人の旅

Safari 4 Bata 出ますた   

b0091575_64239100.jpg
Bata版だが Safari 4 が出ますた。早速、ダウンロード・・・なかなかいいでつぞ。
Top Site が楽しいでつ。
Top Site
「とびきり美しいTop Sitesで、お気に入りのウェブサイトをまとめて簡単にプレビューできます。Safari 4 Betaは、あなたがアクセスしたウェブサイトを追跡してお気に入りをランキングし、1ページに最大24個のサムネールとして表示します。気に入ったサイトをグリッド内の好きな場所に配置して、表示をカスタマイズすることもできます。サイトの位置を固定できるので、Top Sitesを開くたびに、どこに何があるかすぐにわかります。
最後に見たあとに更新されたサイトも、すぐにわかります。右上に星印が付いているサイトには、新しいコンテンツがあります。ワンクリックでページを開いて、サムネールを更新しましょう。ブックマークバーの新しいTop Sitesボタンをクリックするだけで、変化を続けるTop Sitesページに戻ることができます。」

履歴に関しても Full History Search や Cover Flow 機能で見やすい。こんなサイト見ちゃったって具体的になるのは考えモンであるが。
Full History Search
「Full History SearchとビジュアルなCover Flowの組み合わせで、探しているものが何でも見つかります。Safariには、過去にアクセスしたウェブサイトを表示する画期的な機能が搭載されています。フルページのプレビューをつぎつぎとめくって、いつでも簡単にアクセス。記憶力抜群のSafariが、履歴にある全ページのすべてのテキストとサムネールを自動的に保存してくれます。探しているサイトの記憶があいまいでも、この情報を利用して、Safariが簡単に探し出します。
Top Sitesの履歴検索フィールドに語句を入力すると、Safariがあっという間に一致候補をリストアップします。Safariなら、利用したページのあらゆる要素を検索できます。写真キャプションの検索も可能です。見つかったサイトがCover Flowに美しく表示されるので、探していたサイトの記憶があざやかによみがえります。」
Cover Flow
「Safariに新しく加わったCover Flowが、ウェブサイトの履歴とブックマークしたサイトをビジュアルに美しくまとめてくれます。最後にウェブサイトを見た時とまったく同じ状態で、フルページのプレビューが表示されます。
一目見れば、もう一度チェックしたいサイトがわかります。iTunesのアルバムアートと同じように、Cover Flowでウェブサイトのプレビューをぱらぱらとめくるように表示しましょう。双方向の矢印をクリックするだけで、戻るのも進むのも自由自在。スライダを使って、たくさんのサイトをすばやく切り替えることもできます。お目当てのサイトが見つかったら、ワンクリックで開きましょう。」

b0091575_644937.jpg

それにスピードの Safari はさらに UP!業界最先端のベンチマークテスト、iBenchとSunSpiderによると、 Safariは新しいNitro Engineを利用して、Internet Explorer 7の最大30倍、Firefox 3の3倍以上も高速で動作。楽しくなってきまつぞ。


[PR]
by anton_ms | 2009-02-24 23:39 | 日々の暮らしについて

コヒが制覇 微妙だなあ

b0091575_1049777.jpg



[PR]
by anton_ms | 2009-02-23 23:58 | 最強の男は吾輩が決める!!

リアルタイムで見れないけれど   

金曜日に休むと(もしかして初めてかも)何か調子が違う。まして今週は火曜日を休みに予定しているので「何もなければ」明日一日やり過ごすと連休。いいのでありましょーか?ま、最近疲れ気味だしじっくり休ませてもらおう。
b0091575_8184733.jpg
さて、明日は「 K-1 World MAX 」日本代表決定トーナメントの放送が21:00からある。メンバーを見ると正直しょっぱい感はいなめないが、最近格闘技オフの時期なので楽しむことにする。小比類巻はA・オロゴンとの再戦となる。前回は血ダルマでダウンまで奪われて大差の判定負けで情けなかった。何か今回も二の舞になりそーな予感がしまつ。序盤から徹底したローキックでいかないと延長ラウンドまで持ち込まれて再度判定に涙する・・・小比類巻、正念場でつな。


[PR]
by anton_ms | 2009-02-22 23:17 | 最強の男は吾輩が決める!!

きれいな水が飲めるということ   

b0091575_8312184.jpg
日本ユニセフ協会と博報堂、「hakuhoudo+design project」が協力し3月20日〜22日、都内と近郊のレストランなどで無料でサーブされる「水」に対し100円以上のチップを払うことで、衛生環境の悪い世界の子どもたちを支援する募金キャンペーン「TAP TOKYO」が行われる。「100円があれば、1人の子どもが40日間、きれいな水を飲むことができる」(銀座経済新聞より抜粋)
b0091575_8314691.jpg

参加レストランの一部
浅草/中国小菜龍圓 アトレ上野/WIRED CAFE,LIMONELLO,カフェラミル 


[PR]
by anton_ms | 2009-02-21 23:30 | 日々の暮らしについて

半年ぶりの「ベリーレア」ワールド   

東京メトロ南北線/王子神谷駅に到着したのが14:58。急いで東十条方面に足を運ぶ。もはや定番となりつつあるが、あの店に行く前に銭湯で湯につかるパターンでR。
東十条一丁目の銭湯「藤ランド」到着が15:07。
「藤ランド」水曜日定休
北区東十条1-21-11 03.3927.2441 14:50〜24:30
b0091575_353878.jpg
この銭湯、なかなかいけまつ。内湯はバイブラ付きの中温風呂と高温風呂、座風呂、マッサージ風呂、寝風呂、サウナの脇に20℃の水風呂、そして露天風の岩風呂(本日は紫根の薬湯)と結構充実してまつな。
本日はカラス並みの入浴でありまつ。しかしながら歩いた直後に湯につかるというのは最高。温めの岩風呂で足をのばしながら本日の旅を回想しますた。


15:30を回ったので急いで上がり、事実上本日のメインイベントに備えまつ。銭湯から保健所のある表通りに出ると目指す店は目の前。おお。本日も開店前から並んでまつなあ。
b0091575_2083433.jpg
開店15分前に到着したのだが、我輩の前に先客が11人。16:01の暖簾出し時には我輩の後ろにやはり10人以上の列が出来ている。今回も独り身の有利さでカウンター焼き台の角の特上席をゲット。テーブル席も満杯になった頃合いを見て大将の入場でありまつ。
はじっこから呑みモノのオーダーをとっていく。我輩はいつもの通り生ホッピーからのスタート。ここで冷樽から注がれる生ホッピーを口にしちゃうと普通の瓶ホッピーは呑めませんな。凍らせた焼酎の一升瓶に常温の焼酎で溶かしながら、ジョッキに注ぎビールサーバーからホッピーを注ぎ込んだもの。ビール嫌いの我輩が旨いと思う。
一通り呑みモノが行き渡ると大将が奥の厨房に声をかけまつ。
「アブラ持ってきて!」
半年ぶりに聞く台詞でありまつ。この口上から埼玉屋劇場が幕をあげまつ。
アブラ(牛のリブロース)を焼き始めたばかりなのに、大将よっぽど訴えたいのか四方のいや三方の客に「今日のレバは最高、もうフォアグラだね。皆行くね、ベリーレア?OK。」ワクワクする煽り。いつの間にか当然のように我輩の前には野菜(大根とクレソンのサラダ)が置かれていまつ。もうホッピーが空だ。生レモンハイをオーダー。
b0091575_20114919.jpg
本日のおまかせ
野菜(大根とクレソンのサラダ)/ アブラ(牛リブロース)/ 上シロ / レバ(白レバ)/ チレ / ハツ / 葱間 / タン / 軍鶏サルサソース 生ホッピー1杯 / 生レモンハイ2杯 4000円
ここは基本的に一種類二串づつ、二人以上のメンバーだと一人に一串づつ配られるが、独り身だと二串づつになる。従ってパスする種類もあるが、本日はとにかくパス無しで行けるトコまで喰い続ける覚悟で来ておりまつ。
↓ アブラ
牛のリブロース。薄くスライスしたものは「牛刺し」として出すもの。軽く炙っただけ(というより暖めただけ)でタレに潜らせて出てきまつ。これは絶品。噛まないでも口の中でトロケていく。改めて埼玉屋に来たことを実感する瞬間でありまつ。
↓ 上シロ
普通シロというと歯ごたえというか、長時間口の中で格闘するものだが、ここの上シロは違う。これもフワッとしてて・・・駄目だ、また喰いたくなってきた。
↓ レバ(白レバ)
肌色に近い色合いのレバが運ばれてきて大皿に置かれると「おお!」と観客がうなりまつ。大将のお進めの逸品。「レア?ベリーレア?・・・ベリーレアね、OK!」表面の色が変わっただけで皿に置かれまつ。口にすると中は冷たいぐらい、それが絶品なんでつな。埼玉屋は客の滞在時間が1時間半から2時間、だから18:00頃に行くと比較的待たずに席を確保出来そうだが、白レバなどは品切れになっている場合が多い。だから開店時のメンバーじゃないと駄目なのでR。
↓ チレ(脾臓)
これも避けては通れない名物メニューでつな。レアで焼き上がったチレに大蒜バターを乗せて食する。この組合わせはいい。もうこの頃になると生レモンハイは次のメニューのための口直しにすぎないといった感じになってくる。
↓ ハツ
さっぱりとしたハツをいただく。ハツは我輩の好きな串のひとつなんだが、ここに来ると流れで喰うもんだから味を忘れてしまいますた。
↓ 葱間
豚バラと長葱の串でありまつ。パスしても良かったんだが大将が「どうする?」と言うので皿に出されるのを承諾。でも正解でありますた。粗塩と豚は合いまつ。
↓ タン
これは喰っておかないと。「今日のタンいいよ。これもベリーレアがいいと思うけどどうする?・・・OK!」確かに旨い、しかしさすがの我輩も限界に近づいてきた。
↓ 軍鶏
勘定をしようと思ってたら大将が厨房に「次、軍鶏持ってきて!」と叫ぶもんだから、浮かせた腰をまた下ろしてしまった。そうだ、これを忘れていた。埼玉屋では珍しくヤキトリでR。ほどよく焼いた軍鶏に辛めのサルサソースをトッピングして出される。本日の〆にふさわしい逸品。サルサの辛みを残りの生レモンハイで流し込み、本日のコースは終了。予想通り4000円の勘定でありますた。
b0091575_20145471.jpg
店の外には行列が出来ていますた。平日の18:00ちょっと前、当たり前の時間なんだが第二陣となる。次はいつ来れるのだろうか。また来ようと思っていても前回からのブランクは約半年。次回は複数で行くかな?とやはり思うのであった。

livedoor@グルメに見る「埼玉屋」



[PR]
by anton_ms | 2009-02-20 20:15 | B級グルメの贅沢

急遽お休みになったので   

本日は午後から夕方にかけて五反田で商談というのがほぼ決定事項であったため、諦めていたのだが10:40になって順延になり急遽お休みになってしまいますた。朝、奥さんを病院に送る時には完全仕事モードだったので拍子抜けでありまつ。力も抜けたのでたまには一日寝ようかとも思ったのだが、昨日行こうと思ってた旅の計画では11:00頃出発だったはず。ほぼ同じ時刻だし行っちゃうことにした。
b0091575_19472591.jpg
小雨が残る中、元気に出発でありまつ。三丁目の整骨院の前を通ったらガラガラだったので入る。旅の前に入念に足をマッサージしてもらいますた(これも計画通り)。
都営浅草線の蔵前駅から乗車し、三田で都営三田線に乗り換えて「白金台駅」に降り立つと曇天だが雨はすっかりあがっておりまつ。本日の旅の目的地は駅から目黒方面に5分ほど歩いたところにある。かなり期待出来そうな立地の美術館でありまつ。
b0091575_1425737.jpg
到着が昼ちょっと前だったので美術館正門脇の「cafe 茶洒(サーシャ) kanetanaka」に寄る。老舗料亭「金田中」が手がける新しいスタイルの和のカフェレストランだというので当初からの予定でR。もっとも本日は夕方のメインがあるので軽めのランチ。
b0091575_2032385.jpg
庭園に面した奥のカウンター席と店内中央のテーブル席そしてテラス席が用意されているが、我輩は一人でもあるし庭園の風景を大きく切り取る4つの大きな窓枠が絵画を思わすということで迷わずカウンター席に。
b0091575_1432338.jpg
食前酒ということで「館の冷酒630円」をオーダー。レモン酒でありまつ。量はそんなに多くはないが、空きっ腹だったせいかほろ酔い気分になりますたな。旨い酒ですた。
b0091575_1434819.jpg
ランチのセットは三種類あって
じゃこ占地飯(温い出汁掛け)と茶洒の炸醤麺(細打ちパスタに鴨味噌掛け)1260円 / 葱塩そぼろ飯と翡翠麺(和の支那蕎麦)1312円 / 鯛茶漬けと稲庭けつねうどん 1470円 これらに玉地蒸し(茶碗蒸し)と甘味が一品つく。
我輩が選んだのが 葱塩そぼろ飯と翡翠麺(和の支那蕎麦)で、甘味は黒板から選ぶのだが白玉にしますた。上品でつな、質も量も。飯はガッツリ喰いたいけど。
b0091575_1441157.jpg



さて多少は腹のタシになったし庭園を進んでみまつか。cafe 茶洒に隣接してミュージアムショップ「Portier(ポルティエ)」があるが素通りしてチケットを購入する。庭園の鑑賞料200円を含む1000円のチケットは「Paul Poiret and Mariano Fortuny(ポワレとフォルチュニィ 20世紀モードを変えた男たち)」展で3月31日まで開催されている。
b0091575_2264430.jpg

b0091575_1575939.jpg
森の道を歩いていくと前方に美術館が見えてくるが、その前に折角だから庭園を散策だな。
b0091575_19533831.jpg
芝生広場と西洋庭園を先ず歩く。雨上がりなので人は少ない。芝生広場にはいくつかのモニュメントが点在している。
b0091575_1582950.jpg
①座る豹(Panthere couchee)作家名:エドゥアール・サンド(EDOUARD M.SANDOZ)制作年:1930年/素材:ブロンズ ②キリン(Girafee)作家名:ウォルター・ロータン (WALTER ROTAN) 制作年:1939年/素材:ブロンズ、黒檀台座付き ③風 作家名:安田 侃(やすだ かん)制作年:2000年/素材:白大理石 二人が座っている④ピルタイとバシュフル(Piltay and Pashhhur)作家名:ボアズ・バーディア(Boaz Vaadia)制作年: 1992年 ⑤住まい(La Demeure)作家名:オシップ・ザッキン(OSSIP ZADKINE)制作年:1963年/素材:ブロンズ ⑥INSIDE OUT CBG-2 作家名:菅原 二郎(すがわら じろう)制作年: 1991年 /素材:黒御影石 Webサイトで見るより「ふーん」といった感あり。


続いて日本庭園を散策する。こんな天気だと和の風景が違和感がなくいいモンでR。
b0091575_19555152.jpg
池の周りを歩く回廊型の日本庭園でつな。この季節、花が少ないのが残念ではあるがゆっくりと時が過ぎていく散策はいい、茶室「光華」がある。中で抹茶でも振舞われると思っていたのだが無人ですた。
b0091575_2111469.jpg
思ったより庭園は狭い感じがした。都内の庭園とすればむしろ狭い部類に入る。


さていよいよ庭園美術館の前に立つ。東京都庭園美術館は 朝香宮[あさかのみや]邸(朝香宮殿下は久邇宮[くにのみや]家第8王子、妃殿下は明治天皇第8皇女)として1933年(昭和8年) に建てられた建物を、そのまま美術館として公開したもの。戦後の一時期、外務大臣・首相公邸、国の迎賓館などとして使われてきたが、建設から半世紀後の1983年(昭和58年)10月 1日、美術館として新しく生まれ変わった。
b0091575_19594263.jpg
「この建物は1920年代から1930年代にかけてヨーロッパの装飾美術を席巻したアール・デコ様式を 現在に伝えるものです。フランス人デザイナーが、主要部分を設計、内部装飾もフランスをはじめとする 外国から輸入されたものが多用されています。また基本設計と内装の一部は宮内省内匠寮[たくみりょう] の建築家が担当し、アール・デコ様式に日本独特の感性を付け加えています。 当館は従来の美術館とは異なり、建物自体が美術品といえます。そして、作品とその観賞空間との間に 交感が生まれるような、新しい美術鑑賞の在り方を提案しています。美術館は広大な緑溢れる庭園に囲まれ、自然と建物と美術作品があわせて楽しめる環境に恵まれ、そこに庭園美術館の名も由来しています。/ アール・デコとは、1925年の4月から11月にかけてパリで開催された「現代装飾美術・産業美術国際博覧会(Exposition Internationale des Arts Decoratifs et Industriels modernes)」の略称を由来とする名称であり、1925年様式(LE STYLE 1925)ともいわれています。1910年代から30年代にかけてフランスを中心にヨーロッパを席巻した工芸・建築・絵画・ファッションなど全ての分野に波及した装飾様式の総称です。」(庭園美術館WEBより抜粋)
b0091575_219882.jpg
今回の美術展は20世紀初頭を代表するモード界の巨人ポール・ポワレと、20世紀最高のテキスタイル・デザイナーといわれるマリアノ・フォルチュニィのドレスを紹介している。
 20世紀にはいると、パリ・モードは大きな転換期を迎える。数世紀にわたって女性のシルエットを支配してきたコルセットは放棄され、ポワレに代表される直線的なシルエットのドレスや、フォルチュニィによる布地の美しさそのものを纏う斬新なドレスが誕生する。産業革命による技術革新は、社会のあらゆる面にこれまでにない「新しさ」を求めていた時代であった。ポワレもフォルチュニィも、それぞれが帰属している社会の外に新しさを求めた。
b0091575_2241375.jpg



装飾品は我輩にとって興味があることで、人生のある時期「装飾」について目指していたものであるから今回の展覧は非常に懐かしさもあった。美術館を後にした我輩は目黒駅を目指す。余韻を楽しみながらおよそ10分の散歩でもあった。
b0091575_231391.jpg
さて、目黒駅から南北線に乗り込む。およそ30分で王子神谷駅に到着。その頃にはすっかり美術館の余韻など皆無で、この後の本日のメインイベントに胸が膨らむのでありますた。


[PR]
by anton_ms | 2009-02-20 20:00 | 吟遊詩人の旅
line

あのとき掲げた僕らの旗だけが 今も揺れている時の風の中で(the flag)


by anton_ms
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー