Anton日々精進それから

antonmino2.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 07月 ( 43 )   > この月の画像一覧

なんとか手術・・・終了

b0091575_2237576.jpg
術後、奥さんが様子を見にいったそーでありまつ。顔を見せると興奮してしまうのでこそっと覗いたらしい。凹んだお腹でむこうを向いて眠ってたという。まだまだ予断は許せないが回復してくれるのを祈る。かなり重症だったようで、あと2、3日診療が遅れていたらどうなっていたか分からない状態だったようだ。水麻が知らせてくれたのだろうか?


[PR]
by anton_ms | 2008-07-31 22:43 | 名犬ラッシー

ユウが大変なことになった

ここ2、3日 我家の名犬ユウの調子が悪かった。時間が来ると食事の催促はするものの実際には食いつきが悪かったり、我輩の帰宅時の過激な出迎えも無し。ぐったりしてる。一昨日ぐらいは「犬も夏バテするのか?」などと呑気に考えていたが、あまりにもギャップが大きいので病院に連れて行くことにした。外に出るのは大好きなので我家の急な階段を飛び降りる勢いで走って降りて行くのはいつもの事で、だから楽観していたのだが・・・。
b0091575_2223344.jpg
結果はとても悪いものであった。子宮蓄膿症の疑いが濃いということであった。早急な手術が必要であることも告げられた。そのまま入院である。

子宮蓄膿症
子宮蓄膿症とは、大腸菌などの細菌がメス犬の膣から子宮内に侵入して異常繁殖、炎症がひどくなって化膿し、子宮内に膿がたまるほど悪化する細菌感染症のことだ。子宮に細菌感染が起こり炎症がひどくなる、つまり体の免疫システムが働き、異常増殖する病原菌と激しい戦いを繰り広げれば、発熱状態が続く(この体温上昇は約30%の症例に認められる)。また、細菌の毒素による腎臓の二次的な障害によって、犬はたくさんのオシッコをし、水をがぶ飲みし出す。「多飲多尿」である。また、化膿するほど病原菌の勢いが強いと、膿がたくさん子宮内にたまっておなかが膨らんだり、病原菌の毒素が体に回って嘔吐や下痢、食欲不振になったりして、ぐったりすることも少なくない。症状がさらに悪化すれば、子宮が破裂して膿が腹腔内に飛び散って腹膜炎を起こしたり、病原菌の毒素が体中に回ってひどい腎臓障害や多臓器不全、敗血症を引き起こして死に至る。
 子宮蓄膿症の治療法としては、外科手術によって子宮と卵巣を切除するのが最も確実な方法である。特に子宮の入口が閉じたままで、オリモノの出ないタイプの犬は、子宮内に膿がたまる一方で、いつ子宮が破裂して、膿が腹腔内に飛び散るか分からない。また、膿がたまった状態が長かったり、急に症状が悪化してくれば、異常増殖した細菌の毒素が体内に回って命にかかわる状態になりかねない。できるだけ早く症状を発見し、外科的治療を行うことが大切だ。なお、発見が遅れて手遅れ状態になり、手術前に亡くなったり、開腹すると、すでに子宮破裂を起こしていたり、大量の毒素が体に回って、治療のかいなく死亡するケースが、症例全体の5%から10%あるという調査報告もある。


犬といえども完全な我家の一員である。今回は早期発見であった。手術の予定は明日31日、奥さんが再び9:00に病院に出向き院長から説明を受けて昼前後に施術される。術後の入院は10日間前後、丁度我輩が夏の休みに入る時期と重なるのでケアは十分に出来る。
ユウのいない夜を過ごしているが静かでありまつ。猫のエドもなんか妙な気配を感じとっているらしくおとなしめでR。今回の夏期休暇のテーマは「部屋のビカビカ掃除とユウのケア」になりそーでつな。多分 iPhone も入手出来る可能性もあるので家にいるのもいいかも。


[PR]
by anton_ms | 2008-07-30 22:02 | 名犬ラッシー

路地の奥に創作レストラン

b0091575_21501863.jpg
露地とは
茶室への通路/茶庭ともいい、茶室に付随する庭園の通称
を言うそうだ。千駄木の築80年の家屋を改築したエリアでも珍しく小洒落た空間がある。
「千駄木 露地」 火曜日定休
文京区千駄木2-42-2 03.5814.8087 不忍通り沿いにある
ランチタイム  11:30〜15:00(L.O 14:30)
カフェタイム  14:30〜18:00(土日祝日のみ)
ディナータイム 18:00〜23:00(L.O 22:00)


b0091575_215039100.jpg



b0091575_21505516.jpg



b0091575_21511269.jpg



b0091575_2151305.jpg



b0091575_21514872.jpg



b0091575_2152670.jpg



b0091575_21522277.jpg



b0091575_21523917.jpg



b0091575_21525938.jpg



b0091575_2153164.jpg



b0091575_21533550.jpg



b0091575_21535625.jpg



[PR]
by anton_ms | 2008-07-30 21:54 | B級グルメの贅沢

グダグダの日に何か癒しを

b0091575_5491172.jpg
明後日の水曜日・・・休もうと思いまつ。奥さんの病院の他に名犬ユウが元気ないので夕方でも病院に連れて行こうと思っとりまつ。銭湯かまつり湯でも行こうかな?若干疲れ気味。


[PR]
by anton_ms | 2008-07-28 23:48 | 日々の暮らしについて

本鮪の解体イベント

b0091575_21412021.jpg
デパ地下の鮮魚売り場で「鮪の解体ショー」をやっていたそーでR。一番前で見てたら買わざるをえなくなって買ったという。素人がザクを切り分けると逆に分厚い刺身になるので大歓迎。


JINROにハイサワーにレモン・・・うーん。これはもしかして!!
b0091575_21414576.jpg



そう、久々に「我が家で埼玉屋」ではないでつか!常に冷凍庫にジョッキがあるのが嬉すい。
b0091575_2142591.jpg



一杯呑んでいる間に仕込んでおいたヅケを用いて「ミニ鮪ヅケ丼」にしてみますた。ちょうど中トロ部分もあったのでこれはいけますた。
b0091575_21422144.jpg



[PR]
by anton_ms | 2008-07-27 21:42 | B級グルメの贅沢

iPhone 3G を手に入れた奴

b0091575_732791.jpg
身近に iPhone 3G を入手した奴がいる。16Gのホワイトを7/12に購入出来たそうだ。そのちょっと前に我輩が電話した時に(購入について)「どーしよーかなあ?」と言ってたじゃねーか!とはいえ、我輩にとってはMacの師匠なわけで。
入荷販売情報を知らせてくれるというので期待してまつ。F見君、頼むね!!!


[PR]
by anton_ms | 2008-07-26 07:57 | 日々の暮らしについて

蕎麦屋はどう?

b0091575_22291020.jpg
帰宅が遅くて夕食の準備が中途半端な時、面倒くさいから外で喰っちゃおう!という場合がある。前回は根岸の「千石自慢」だったが、やっぱ深夜に背脂系はきつい。で、近くの蕎麦屋に行くことにしますた。


「甲州屋」休み不明、なんかいつもやってるイメージ。
台東区寿4-16-5 03.3843.3381 昼頃〜22:00営業
東京メトロ銀座線 田原町駅の交差点の一角にある。隣はSoftBank。
b0091575_22293080.jpg
本日のラインナップ。焼酎の緑茶割(400円)についてくる突出しが丼ものの新香ってのがいいな。とにかくここはCPが素晴らしい。盛りも多くて大盛りなぞ頼んだら相当な根性がいる。酒のツマミも充実していてヘタな居酒屋よりいいぞ。
b0091575_821398.jpg



「特製玉子焼 小 (通称チビ玉)」500円
b0091575_2230187.jpg
玉子3個ぐらい使った玉子焼き。葱玉でつな。微かに出汁の風味があり、とにかくトロトロでありまつ。奥さんが「白だし使って作ってみよう」って言ってますた。


「蓮根のはさみ揚げ」400円
b0091575_22301729.jpg
これ、ヒットでありまつ。蓮根の歯触りが抜群で、揚げたてをハフハフしながら頬張り酒で流し込むのでありまつ。旨えなあ、これってのが感想。


「天ざる 上」1300円
b0091575_22303470.jpg
奥さんのオーダーがこれでありまつ。普段、日本蕎麦屋に行く機会が少ないので「冷麦」「鴨せいろ」「きしめん」と色々迷っていたよーだが「天ざる 上」で1300円という価格に思い切ったよーでつ。我輩も海老一本もらったんでつがなかなかですた。


「むじな付き もり」650円
b0091575_2230522.jpg
我輩がオーダーしたのがこれ。器に揚げ玉/揚げ/黄卵/海苔が入っていてそこに汁をいれまつ。650円でなんとなく贅沢感が味わえる逸品でつな。焼酎の緑茶割りと冷酒を一合呑んでからこれで〆たんだが、いい気持ちになりますた。


[PR]
by anton_ms | 2008-07-25 22:36 | B級グルメの贅沢

土用の丑の日なので お約束 

b0091575_185654.jpg

本日は「土用の丑」一応喰わせてくれますた。どうせならご飯/鰻/ご飯/鰻とダブルにしてくれとリクエストしたんだが・・・鰻を重ねただけですた。でもたっぷり、当分喰わなくてもいい程の充実感でありますた。
b0091575_20144117.jpg



[PR]
by anton_ms | 2008-07-24 18:56 | 日々の暮らしについて

行かず嫌いのパラダイス

b0091575_17545876.jpg
オープンして七周年だそーだ。歩いてもすぐの浅草ROXの七階にあるんだが、今回が初めてでありまつ。天然温泉じゃないこと、入場料が生意気にも2300円することが今まで敬遠してきた主な理由でR。


三丁目整骨院の帰りにコンビニに寄ったんだが、その通り道にある金券SHOPで「まつり湯1700円」と張り紙があったので衝動買い。んなわけで七年の歳月をかけての初体験となりますた。
b0091575_17552461.jpg
まあ、近いよな。最近行ってる日帰り温泉はどーしても車使用だが自転車で行けちゃう。蛇骨湯に行く感覚。フロントと浴室は7Fでありまつ。エレベーターを降りると綺麗な施設という印象でR。フロントで恐るおそる金券SHOPで購入した券を差し出す。無事使えたことに安堵感。ロッカーKeyとタオルセット(バスタオル/フェイスタオル/部屋着)を受け取りロッカールームへ。


OPENして時間が経ってるとはいえ綺麗じゃないか、昼ちょっと前だったせいか先客は15人程度、ガラガラでありまつ。
内湯は 「フローティング風呂(冷却枕つきの寝湯)」「ハイパージェットバス」「ボディマッサージ風呂」「お茶の湯」「ハーブ風呂」「海水風呂」「大浴槽トルマリン風呂」「水風呂(17℃の冷却水)」の8種類。サウナは「フィンランドサウナ」「テルマリウムサウナ(蒸気風呂)」の2種類。それに露店風呂として「翡翠露店風呂」があって合計11種類の風呂ですた。温泉じゃないかわりにトルマリンと翡翠なんですな。
b0091575_1755421.jpg
その他、露店風呂の脇にある「打たせ湯」これ強烈でありまつ。椅子に座ってスウィッチを押すと頭上2m位の装置からピンポイントの滝が降ってきまつ。クセになりそーな水圧ですた。また、スパイラルシャワーもいい感じ・・・意外といいかも まつり湯。


なんやかんやで1時間半ほどゆったりし、一度出まつ。部屋着に着替えて1階下の食事処「かんぱい」に出陣。生ビールの中ジョッキをオーダー。凍ったジョッキに口を付けるやいなや2/3を一気呑みでありまつ。ビール嫌いの我輩もこの2/3に関しては大好きでありまつ。露天風呂からは伝法院、五重塔が見えるがこの大広間からは吾妻橋のアサヒビール周辺が望める。3年後には新東京タワーを眺めながらといった塩梅か。
b0091575_17555945.jpg
一杯呑んでテレビつきのリクライニングシートでくつろぐ「ねころび」で小一時間。再び風呂に戻って一通り湯に浸かりお家に帰ったのであるが、まつり湯・・・いいかもしんない。割引1700円券を使えばという条件付きだが近くていい。酒を呑めるのもいい。この際、温泉じゃなくてもいいか?


[PR]
by anton_ms | 2008-07-24 18:01 | 銭湯はパラダイス

常連だけに喰わすのは勿体ねえ

b0091575_179434.jpg
オレンジ通りを入って新仲見世、舟和の角を六区の方に曲がると靴屋の二階にその店がある。アンジェラスやローヤルのように堂々とした老舗ではない。無論、地元では存在が当たり前の超有名な店であろうが我輩は初の訪問。このカツサンドがどーしても喰いたかったからなのでありまつ。


狭い階段を上がっていく。一歩店に入ると常連客の視線をプチ浴びる。ホント昔ながらの喫茶店だな。学生の頃、よく彼女と喫茶店に行ったものである。そしてその片隅でボブ・ディランを聴いていたのを思い出す。あの時の歌は聴こえないし、人の姿も変わった・・・時は流れたということか。
b0091575_1793594.jpg
さて、当初の目的通り「カツサンド950円」とアイスコーヒーを注文する。ちと高いかなと思いながらも初志貫徹のオーダーでR。時間がかかる。オーダーを受けてから肉を準備、衣を丁寧につけてカラッと揚げるからだそうだ。10分ちょっと待っただろうか、スポーツ新聞を眺めるふりをしてカウンターの様子を伺っていたのだが皿をトレイに乗せている。おっ、いよいよ。


さあ、これだ。文句あるか!といったモノでありますた。このルックス通りの味でありまつ。手をベトベトニして思い切り喰らいつくのでありまつ。とんでもなく旨いぞ、常連だけに食わせておくのは勿体無い。
b0091575_1795291.jpg
「銀座ブラジル 浅草支店」 水曜日定休
台東区浅草1-28-2 2F 03.3841.1473 9:30~18:00


[PR]
by anton_ms | 2008-07-24 17:15 | B級グルメの贅沢
line

あのとき掲げた僕らの旗だけが 今も揺れている時の風の中で(the flag)


by anton_ms
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー