Anton日々精進それから

antonmino2.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧

戦極いよいよ開戦!

b0091575_23334051.jpg
[対戦カード]
吉田秀彦 vs ジョシュ・バーネット
藤田和之 vs ピーター・グラハム
三崎和雄 vs シアー・バハドゥルザダ
瀧本誠 vs エヴァンゲリスタ・サイボーグ
五味隆典 vs ドゥエイン・ラドウィック
川村亮 vs アントニオ・ブラガ・ネト
ファブリシオ・“ピットブル”・モンテイロ vs ニック・トンプソン


正直パッとしないなあ。心情的にはDreams(TBS/K-1系)より応援したいのだが、外国人の招聘が問題だろうな。ヒョードルを確保できるのか?
b0091575_23335780.jpg



[PR]
by anton_ms | 2008-02-29 23:34 | 最強の男は吾輩が決める!!

腹ごなしに根津から谷中へ

b0091575_2110483.jpg
ビーフシチューを食した後はゆっくり谷中、上野桜木をプチ散策でR。


「ゆうcafe」から言問通りを渡ると豆腐屋がありまつ。
「根津とうふ屋 須田」 木曜日定休
文京区根津2-16-8 03.3822.1028
豆腐料理の店で店頭では豆腐を購入できる 
昼の席 11:30〜15:00 / 夜の席 17:30〜22:30
献立 昼膳1575円
   夜コース 花3675円/月5250円/雪7875円
お持ち帰り [ 六字とうふ242円/油あげ210円/飛竜頭158円/焼き豆腐284円/厚あげ284円/掬い豆腐豆ざる578円 ]
そのまま浅草方面にすすむと台東区に入るがちょっとした店が。
「ありす川」
台東区谷中1-4-2 03.3823.3776
カラオケで唄える和風喫茶のようだ
[ 宇治の玄米茶とお茶菓子600円/静岡の緑茶とお茶菓子700円/京のお抹茶とお茶菓子700円/タンポポコーヒー700円など ]
b0091575_2119567.jpg
谷中一丁目界隈は寺町だが、その一角にあるのがこのヒマラヤ杉のあるパン屋。
「みかどパン店」 台東区谷中1-6-15
戦前に店主が鉢植えの状態から育てたといわれているヒマラヤ杉。すっかり町のシンボルとなっている。


ヒマラヤ杉からぐるっと迂回して歩き谷中霊園を左に見て進むと言問通りの上野桜木交差点にぶつかるが、その手前の交番のところにアートギャラリーがある。我輩のブログでは概出の銭湯を改装したギャラリー。
「SCAI THE BATHHOUSE」日・月曜および祝日休館
台東区谷中6-1-23 03.3821.1144 12:00〜19:00
b0091575_21103472.jpg
現在、横尾忠則の個展が開催されている。
「横尾忠則の壺」2008年3月1日まで
「横尾忠則のふたつめの壺」2008年3月7日〜4月5日まで
ふたつめの壺は全て新作で構成されるようだ。また覗きに来よう。


[PR]
by anton_ms | 2008-02-27 21:10 | 吟遊詩人の旅

昭和初期の米屋でシチューを食す

b0091575_15205934.jpg
今週の水曜日ランチ。先週覗いた「本郷 金魚坂」も考えたのだが近場の根津。数ヶ月前にも行ったのだがタイミングが合わずにその時は断念したので、今回はここ。


「ゆうcafe」は根津駅前の赤札堂裏の路地を入って左側にある。昭和初期の米屋の家屋を改装したcafeでカウンター7席、二人掛け丸テーブル2卓の小さな店だ。我輩は約1年ぶり二度目の訪問。
b0091575_15211697.jpg
ここは落ち着く。一人でオリジナルの珈琲を飲みながら文庫本なぞ読むのもいい。奥さんも先週の担々麺の時よりも満足げでありますた。ランチタイムのビーフシチューをオーダー。トマトとレタスのミニサラダが運ばれてきまつ。ここのドレッシングはスィートチリで口当たりが甘く後からHOTが来る。丸テーブル席に座り窓越しに通りを眺めるわけだが、赤札堂の通用口しか眺められんのがご愛嬌でR。


ジャガイモと柔らかいビーフのシチューにブロッコリーと人参がのって本日のメインが登場でありまつ。バタートーストに肉をのせてかぶりつきまつ。食後の珈琲も一杯ずつドリップされて美味でありますた。
b0091575_15213217.jpg
「ゆうcafe」火曜日・第3水曜日定休
文京区根津2-13-4 03.3827.9263 11:00〜20:00
ビーフシチュー1000円はランチタイム(14:00まで)のみ


食後に谷中から上野桜木を散策することになるのだが、その時に立ち寄ったのがここ。もう少し暖かい時期なら店前のベンチでサービスのレモネードを飲みながら買い食いできるのだが、やっぱ寒いのでお持ち帰り。
b0091575_15214846.jpg
「パティシエ・イナムラショウゾウ」 月曜日・第3火曜日定休
台東区上野桜木2-19-8 03.3827.8584 10:00〜19:00
本日購入したのは
[ モンブランとマロンのミルフィーユ/ショートケーキ/シュークリーム ]
言問通りの上野桜木二丁目の路地を入って左側
駐車場は上野桜木二丁目交差点角に8台分のスペースあり


[PR]
by anton_ms | 2008-02-27 15:21 | B級グルメの贅沢

人志松本の「ゆるせない話」

夕方から仕事して遅くなったので気づかなかったのだが、奥さんが録画してくれてたので見ることができますた。
b0091575_18461324.jpg
[ 人志松本の「ゆるせない話」]
出演 : 松本人志/木村祐一/千原ジュニア/光浦靖子/たむらけんじ/綾部佑二(ピース)


b0091575_18463549.jpg



[PR]
by anton_ms | 2008-02-26 23:59 | TVっ子ですが、何か?

羨ましいぞ 西新井!

また川口帰りに銭湯に行こうと思っていたが、北区の銭湯って月曜日休みが多いでつな。で、調べたところ足立区西新井に [ 天然温泉 ] 発見!
b0091575_4365514.jpg
「THE SPA西新井 大師の湯」 第1金曜日休館
足立区西新井栄町1-17-10 セントラルウェルネスタウン3F
大人利用料金 平日1000円/土日祝1200円
10:00〜23:30営業 03.5888.1526
駐車場112台完備(2時間まで無料)


2月1日にオープンしたばかりの出来たてSPAでありまつ。しかし西新井の再開発は凄いね、一気に街並が変わりますた。駅西口の目の前のビルでありまつ。この施設のメインはセントラルウェルネスクラブでプール/フィットネススタジオ/ジムなどの施設がある。SUPAもその一部でつ。3Fにあがって入口で靴を脱いで入るのだが、ボケてて脱衣所まで靴はいたまま行っちゃいますた。
b0091575_4372114.jpg
新しい施設はやっぱピカピカで気分いいですぞ。従業員もまだ緊張感をもって仕事している感有り。さあ、疲れを癒すためにとにかく入ろうではないか!


ここは地下1500mからのくみ上げ温泉で「ナトリウム一塩化物・強塩温泉(炭酸水素塩温泉)」である。内湯と露天、寝転び湯、つぼ湯に温泉が使われている。但し、加温/加水/循環で、かけ流しが期待できないのは残念。
b0091575_4373740.jpg
露天は「大理石風呂」(女湯は岩風呂、10日ごとに入れ替わりらしい)と「寝転び湯」で、この寝転び湯は石畳の表面を温泉が流れているだけのもの、むき出しでありまつ。背中に湯が流れるんだがカラダの表面は外気に晒されてるので寒い。内湯は大浴槽が温泉、奥に「5種類のジェットバス」がある。いずれも強力なジェットとジャグジーで満足。サウナは「黄土サウナ」は壁が多分 [珪藻土] 塗りのもので遠赤外線サウナでつな、併設されている水風呂は19℃、冷水風呂でこれも満足ですた。


サウナも利用して一時間半ぐらい利用。風呂上がりに4階の「リラク ゼーションフロア」も覗いてみますた。
b0091575_438128.jpg
休憩場所としては「TV付きリクライニングチェアの部屋」「畳敷きの和室」。床暖房を用いて低反発マットで寝転ぶ「サンゴオンドルルーム」いいかもしんない。あとはエステだったり、タイ式マッサだったりがありますた。


わりと近場に出来たので、平日昼間も行こうと思っている。しかし駅前にこの施設は便利だな。西新井エリアの住民が少し羨ましくなりますた。
b0091575_4382874.jpg

浅草ROXの「祭り湯」は2300円だからなあ、せめて1300円ぐらいなら週一ぐらいは行く気になるんだが。羨ましいぞ、西新井!


b0091575_4384340.jpg



[PR]
by anton_ms | 2008-02-25 23:33 | 銭湯はパラダイス

史上初 PRIDE&UFCヘビー級王者

b0091575_832223.jpg
UFCヘビー級暫定王座決定戦 5分5R
 ○アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(ブラジル/チーム・ノゲイラ)
 [3R 1分28秒 フロントチョークスリーパー]
 ×ティム・シルビア(米国/チーム・エクストリーム)
“逆転の柔術王”がUFCでもミラクルを起こした。ランディ・クートゥアーの戦線離脱を受け、急遽、暫定王座戦に昇格した2.2 UFC81のメインイベントで、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが、ティム・シルビアを終了間際のチョークでタップさせ、史上初のPRIDE&UFCヘビー級制覇を達成。次期挑戦者にクートゥアーを指名した。
 (スポーツナビより引用)


b0091575_8322650.jpg




[PR]
by anton_ms | 2008-02-24 08:37 | 最強の男は吾輩が決める!!

疑惑の銃弾/フルハム三浦 逮捕!

b0091575_23274215.jpg
【ロサンゼルス支局】米紙ロサンゼルスタイムズ(電子版)は23日、ロス銃撃事件で殺人罪などに問われ、最高裁で無罪が確定した三浦和義元被告(60)が22日、旅行中のサイパン島(米国自治領)で米当局に殺人容疑で逮捕されたと報じた。
(毎日新聞)


b0091575_2328920.jpg



[PR]
by anton_ms | 2008-02-23 23:28 | TVっ子ですが、何か?

たまには他の銭湯サイトを覗いてみよう

b0091575_173178.jpg
昨年二月頃から銭湯や日帰り温泉が我輩の趣味に加わり、今や仕事とプライベートの区切りのアイテムにもなっているが、今って「銭湯ブーム」なのだろうか?
自分が意識していて、そういうサイトや雑誌などが目に入るからブームに見えるのか?現実には先にブログUPした台東区日本堤の「二十世紀浴場」は廃業したし、上野松坂屋裏の早朝銭湯「燕湯」にも[やむをえずしばらく閉鎖] の張り紙が。もっとも燕湯は再開の可能性大らしいから別物かもしれない。しかし、銭湯巡りをしていても入りの少ない銭湯ってあるのが事実。確実に衰退の道を進んでいるのだ。
b0091575_22335098.jpg
後継者がいるかどうかも重要だろうな。我輩が訪れた銭湯のうち半数は番台形式からフロント形式にし、浴室やロビーなどリニューアルしている。銭湯独自のWebサイトなんて開設してると後継者が頑張ってる銭湯なんだろうなと分かる。
とはいっても利用者の側からすれば、昔からのイメージ通りのレトロな銭湯も残って欲しいと勝手ながら思ってしまうのだ。銭湯は残って欲しいという気持ちを込めて我輩がよく見ているマニアのサイトを紹介しまつ。


[ 東京風呂日和] を覗きたかったらクリック!


[ 色んな銭湯] を見てみたかったらクリック!


[ 都区内・日帰りの温泉リンク]


[PR]
by anton_ms | 2008-02-22 15:19 | 銭湯はパラダイス

ガード下と東上野のディープな店

湯島天神から上野広小路にまわりDVDを購入した。そのままアメ横を横切って帰ることにしたのだが、誘惑に勝てずついつい明るいうちの寄り道。天神でコップ酒一杯呑んだのが引き金になったよーでつな。
「大統領」 無休
台東区上野6-10-14 03.3832.5622 10:30〜23:30
b0091575_22454229.jpg
JR上野駅と御徒町駅間のガード下といえばツワモノ居酒屋が密集しているが、ここも代表選手の一店。日曜日は朝9:00から開店している。それにしても満員でつ、まだ15:00頃だぜ。本店から上野寄りにいった支店で [ウーロンハイ450円][特上馬刺し580円] をオーダー。店の姉ちゃんと暫し談笑し1030円支払って出る。ホントに軽く寄り道だ、早くお家に帰ろう。


なのに大統領からの帰り道、またまた新しい店を発見してしまいますた。
b0091575_2246159.jpg

「昭和立呑場」 土日休み(土日は違う店になるらしい)
台東区東上野1-27-9 03.3855.8537 16:00〜22:30


16:00開店なのでまだ準備中だったが店を覗いたら「いいっすよ!」と言われてしまったので仕方なく入店。完全に立ち呑みの店でつ。
b0091575_22462140.jpg
「昭和」をコンセプトとしてるって。ツマミも缶詰とかあって、かつて地元で一世を風靡した「釜屋」を思い出させまつ。展示物はいいとして注目すべきはTVモニターでありまつ。オーナーは45歳なんだが知り合いに30代半ばのマニアがいて、昭和30年代から40年代のTV画像をたらふく所持しているらしい。憧れの故石立鉄男モンも多くあるらしいぞ。焼酎ロックで2杯と煮込みで1050円。おまけに [ほていの焼鳥缶詰] をサービスしてもらいますた。


[PR]
by anton_ms | 2008-02-21 22:46 | B級グルメの贅沢

早咲きの梅を楽しむ 〜湯島天満宮〜

b0091575_22194211.jpg
なんか暖ったかいよなあ。仕事のことも気がかりで予定では家でジーッと待機というか引き蘢るつもりであったのだが・・・行っちまいまつか。


湯島天満宮(湯島天神)では8日から3月8日まで「梅まつり」が開催されている。見頃は一週間ほど先だろうが、少し早めの梅見もいいものでR。
b0091575_2220047.jpg
そうはいっても平日の昼過ぎで閑散としたイメージを持って出かけたのだが、どーしてどーして結構な人出でありまつ。受験シーズンとも重なっているせいか最後の神頼み学生も大勢。


満開でないので開いている花の周りに人が群がる。春の桜の花見と異なり梅の風情ってありますな。公開はしないが、つい花見酒を一杯だけ呑みますた。
b0091575_22201667.jpg
梅に鶯ということで中央に一枚。これが鶯かどうかはサダかではない。


合格祈願の絵馬は半端じゃない。真剣に絵馬にかき込んでいる子もいれば、仲間と笑いながら絵馬を納める子も。内心は同じなんだろうが。
b0091575_22203056.jpg
湯島天神は学業成就・合格祈願がメインなので全体的に浮かれている感じがしない。「サクラサク」の結果を静かに願う梅園なのでR。


湯島な風景。
女坂下にある「羽黒洞」の黒い木造はつい足をとめて眺めてしまう。ココから路地を入った隣には銀だら味噌漬けの「よろずや」がある。上中央は春日通りの角にある呑み屋「シンスケ」、未だに行く機会がないが一度は軽く呑みたい店のひとつ。上右は天神梅香殿一階にある「やぐ羅(やぐら)」、にしんそばが看板。ちなみに1155円(大盛りは210円増し。)
b0091575_22204656.jpg
中左右の坂は天神下から上る女坂と男坂。下は全て湯島天神境内の様子。平日に猿回しやってるし、落ちなかった梅を使った合格梅干し売ってるし。天気もいいし、癒しになりますたな。


[PR]
by anton_ms | 2008-02-21 22:27 | 吟遊詩人の旅
line

あのとき掲げた僕らの旗だけが 今も揺れている時の風の中で(the flag)


by anton_ms
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー