Anton日々精進それから

antonmino2.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

大晦日ですな 買い物三昧

29日、30日と町内でお通夜と告別式があったため、少し忙しい年末になった。
昨日は式場で故人を見送ったあとに家族で娘のお墓参りでありますた。


b0091575_0231232.jpg



30日夜の夜警最終日に一瞬顔を出したが、なんか胃が痛かったので早々に退散。
さて、本日は年明けの主に食料調達の為の買い物である。南千住の角上魚類に行くことにしたのだが、思うところあって浅草寺へ。


b0091575_027478.jpg



雷門から仲見世に入る。本番直前のモード全開であったぞ。来年は喪中ということで神社などにお参りをすることは出来ないので、一応Pre正月の様子見ということで。


朝飯を喰わずに家を出たので少々寄り道。「バッハ」に寄る。


b0091575_0311199.jpg



b0091575_0312912.jpg
本日のお勧めということで、なんかコスタリカの豆らしいのが出てきた。苦みやコクが全て中くらいなんだと。「バッハ」は有名な店なので、珈琲に関しては完全に従うことにしている。日刊スポーツを斜め読みしながら暫しゆったり。


b0091575_031447.jpg
小腹のすき具合はこれ。
我輩としては珍しく喫茶店でのトースト注文である。これって旨そうに見えない?これが旨いのだよ。たっぷりバターに苺ジャム、おいしい珈琲と合計730円でありますた。


午前中の角上魚類では イクラ/エンガワ/コハダ粟漬/雲丹箱/それとお土産で角上の寿司を3人前。往復自転車を使用したが、さすがに道はガラガラだな。信号に従う必要がないくらいだ。


午後からは同じく自転車に乗ってアメ横に買い物でありまつ。タラバを喰いたいと家族が涙ながらに訴えるものでな。参考までに角上魚類では4200円でありますた。高い!


b0091575_0593850.jpg



↑ いざ戦場に向かうような心境である。御徒町駅側からアメ横を見る。
↓ こんな感じ。まともに歩けないのはもう仕方の無いところだ。目的はタラバのみなので4、5軒ハシゴして価格をリサーチする。やや小振りのタラバ足で4000円から4300円。特大サイズで6500円から7000円といった店頭表示。始めに覗いた店に戻ると「4300円の二つで4000円でいいよ!」午後3時過ぎ、いよいよ叩き売りが始まった。「特大の6800円。二つで5000円!!」ここで『特大の三つならいくらにする?』と我輩。『特大三つ?んー、7000円に負けちゃう!』結局、特大タラバ三つを6500円で購入。


b0091575_10326.jpg



b0091575_173635.jpg帰り道にこんな店を見つけた。
「スタンディングコーナー」(無休)
台東区上野6-2-11
平日は14:00から呑めるようだ。

↓ 店内の様子
我輩はアイルランドのモルトをショットでオーダー500円。ちょっといい感じ。今度ゆっくりレポート致しましょう。


b0091575_174991.jpg



[PR]
by anton_ms | 2006-12-31 23:27 | 日々の暮らしについて

蔵前三丁目『来集軒』閉じる

b0091575_6523713.jpg



蔵前三丁目の「来集軒」が閉店すると聞いたので行ってきますた。
20年ぶり位であろうか?昔は結構使ってたんだよな。親戚がきたりした時にはここの二階で宴会したりして。普段全くいかなくなった店でもいざ閉店となると少し寂しい気持ちになるもんだ。


b0091575_652532.jpg



↑ 記念にMenuを撮っておくことにしよう。
↓ オーソドックスにラーメンと小炒飯のセット770円。ホント暫く行ってなかったので何を注文すればいいのかさえ分からない。夜に町会の辻さんが「もやしそば喰ってきたよ」と言うのを聞き、それにすれば良かったと思ったがもう遅い。


b0091575_653813.jpg



b0091575_6532865.jpg



75年の歴史というのは凄い。色々と事情があったのだろうが、お疲れ様というところであるな。奥さんの調子が良ければ連れて行きたかったものである。


[PR]
by anton_ms | 2006-12-30 06:54 | 日々の暮らしについて

築地市場散策と食事

b0091575_1153313.jpg



この年末、早朝の築地市場を訪れることは予定していた、一応ね。年が明けて正月という立場ではないのだが、一度この時間の築地を見たかったのだな。奥さんから「イクラを買ってきて」とも言われてるし。とにかく都営大江戸線/蔵前駅05:43発に乗り込んだのであった。
↓ 門前仲町辺りまで車内はガラガラだったのだが、乗ってくる乗ってくる!築地市場駅で下りる人の数は半端じゃない。通勤時間のよーな感じ。人の事は言えないが完全に観光モードである。地上に出たらまだ夜明け前なんですな。すぐに築地場内に入る正門があるので迷わず進む。


b0091575_1155051.jpg



b0091575_1161176.jpg場内の飯喰い処だ。
吉野家1号店をバックに「寿司大」「大和寿司」オムハヤシの「豊ちゃん」「中華ふぢの」をトッピングしてみますた。
「寿司大」は文字通りネタがでかいという。1カンずつ手間をかけたにぎりが続いて3670円。「大和寿司」はTVなどでも多く取り上げられているので一番人気!しかし朝6:00から [にぎり7カン+巻物1本+汁] で3000円以上も使うのか?君たちは。
「豊ちゃん」は今回行こうかなと思ってた店。オムハヤシ喰ってみたかったし、アタマライス(カツ煮ライス)も話の種にいいかと。「中華ふぢの」の千切りキャベツと焼売も捨てがたかったなあ。


b0091575_1163921.jpg



↑ で、我輩が通のような顔で入店したのがここ「江戸川」。隣は上記の「大和寿司」、もおおおお人がごった返しておりまつ。それを『やれやれ』といった感じで横目で見つつの入店。おお、ビールやってますな。誘惑を断ち切り、お目当ての注文をする。
↓ 鮪ぶつ600円にご飯と味噌汁(しじみ)である。事前に調べた限りではこの店は「お客の大半が築地で働く"食のプロ達"。この店は、彼らが仕事を終えた後に集う"憩いの場"なのである。」ということなのだ。しかも「この店に来たらなんと言ってもマグロのブツは欠かせない!ブツとは言っても、中身は中落ちにトロ。時には大トロといっても過言でない一片が混ざっていたりするのに、お値段600円ぽっきりの大盤振る舞いの一品だ。」と絶賛する人もいる。だから注文だ。
→ 正直な感想
『そーでもねーじゃねーかよお』 そんなにたいそうなもんでもねーぞ。だいたいこの量の鮪で丼飯一杯はきつい、思わず生卵追加しちゃったではないか!1030円。


b0091575_1165388.jpg



b0091575_117787.jpg



b0091575_1172513.jpg飯を喰い終わって場内をゆっくり散策である。上記の寿司屋には相変わらずの人だかり、そんなに待つのが好きなのか?
鰹節の店の前でつい足が止まる。鰹節懐かしいなあ、我輩が幼少の頃は削り器を使用するのが当たり前だった。今は真空パックね、落ち着いたら削り器と上質な鰹節を購入して湯がいたほうれん草などに散らして食したいものである。


b0091575_1174169.jpg



7時も回りすっかり明るくなりますた。場外に出て店を冷やかしながら散策する。散策といっても年末はこの時間から人出のピークが始まるようで、まともに歩ける感じではなかった。奥さんに頼まれた「イクラ」と旨そうだったので「タラコ」そんで海苔専門店で寿司海苔(30枚1800円)を購入。回転寿司屋までも長蛇の列でつ、1時間待つのは常識とか。


b0091575_118131.jpg



↑場外、新大橋通りに面して立食いの店が多くある。
右上が「きつねや」この店で圧倒的に人気があるのは「煮込み」である。我輩はまだ食した事が無いのだが次回は試そうと思っている。
左下が以前に紹介した「井上」チャーシュー麺と間違えそうな位の量の叉焼にメンマ、カイワレ大根と長葱がトッピングされる。600円のさっぱり系ラーメンである。
右下が同じくラーメンの「若葉」ここも半端じゃない人数が集まっていた。ここのラーメンの特徴としては極細麺を使用していることにある。味はやっぱさっぱり系600円。
とにかく人気店は歩道から車道にはみ出す形で仮説のテーブルが設置されていて、そこに丼の置き場が無いほどの人が溢れている。観光スポットですな。


眠さにも負け早々に退散したのだが、あとでTVを見て知ったのだが年末の築地は一般客で毎年10万人/日の人出だそうだ。


[PR]
by anton_ms | 2006-12-29 11:11 | 吟遊詩人の旅

2006年の年末も町会を守る!

b0091575_2339028.jpg



12月28日は我が町会の年末夜警(3日間)の初日。我輩は例年初日の当番である。
今年の我輩の差入れは『浦霞−辛口−』にした。浦霞は宮城県の蔵元の酒である。


b0091575_23493572.jpg



b0091575_23495955.jpg



19:00過ぎから23:00前の4時間弱の催しだが、町内の先輩と若手がじっくりと話が出来る貴重な時間となっている。本日も政治の話、浅草の歴史等、記録に残したい話が数%ではあるがあったぞ。


PS. 『平原綾香/Jupiter/関西京都今村組』
b0091575_0103289.jpg


夜警が終了し帰宅。TVを何気なくみていたら平原綾香が「Jupiter」を歌っていた。
バックでは中学生から高校生、20歳位までの若者が踊っている。
録画すれば良かったなあ。今村組の説明は省くが、よかったぞ。金八のソーラン節を連想させる出来だと思う。弱いんだよな、こういうのに。


b0091575_0575658.jpg主催の教師今村君(TVの討論番組にちょくちょく出てる)のことは深くは知らないので、今村組についてのコメントは無しにする。ただ、踊っている生徒達の一部事情は先日見たTVで理解しているつもりなので、涙が出てきた。そんで平原綾香の「Jupiter」良かったなあ。名曲であると再認識した。なんとなく心に浮かぶものもあるのだ。


[PR]
by anton_ms | 2006-12-28 23:54 | 日々の暮らしについて

大晦日決戦

さてさて、本日から年末年始の休みである。
本日は色々大仕事があるので落ち着かない一日になりそうである。
19:00からの年末夜警まで動きっぱなしだろーな。
それはさておき、あと3日で2大格闘技イベントがある。


b0091575_7522195.jpg


b0091575_7523622.jpg


PRIDE2006男祭りは地上波放送が無いのでスカパー。
K-1DynamiteはTBSで夕方からの放送でありまつ。
我家が総力をあげて2台目のDVDレコーダーを購入するつもりなのも、これらTV番組の録画にある。放送時間がかぶってるしねー。とにかく今回は正月の概念がないので、じっくり格闘技レポートでもしようかなと思っている。
しかし、この2枚の画像を見ると大会の特色がよく出てますな。PRIDEもミルコがUFCに転出してしまうし、段々ボルテージが下がって行く予感。DynamiteはTBSが絡んでいる以上期待出来まへん。
[PR]
by anton_ms | 2006-12-28 08:00 | 最強の男は吾輩が決める!!

クリスマスでありまつ

b0091575_2281968.jpg



川口の南平地区のマルエツで買ったスモークチキン/ドイツワイン/生ハム、稲荷町の千代田寿司で購入した種々の握り鮨、近所のケーキ屋で入手したケーキ。我が家もX'masを人並みに過ごしますた。水麻にもプチケーキをあげたしなあ。皆、束の間の幸せを味わったか?


[PR]
by anton_ms | 2006-12-24 22:13 | 日々の暮らしについて

ユウに懐いちゃってるエド

b0091575_23282023.jpg自分の母親だとも思っているのか、エドがユウに懐いている。たまに押さえつけられて、身動き出来ずにもがいていることもあるが基本的にはこうしてすり寄って行くのだ。ガバッ!という感じで飛びつき、ユウの顔を両手で押さえながらのど笛に噛みつく。犬のその部分は鈍感なので問題なく噛ませている。
シャッターチャンスがなかなかないが、そのうちお見せしよう。


b0091575_23283750.jpg



[PR]
by anton_ms | 2006-12-21 23:41 | 名犬ラッシー

羊肉を紙の鍋で喰おう!

久々のレポートである。
休みだったので、多慶屋に買い出しを頼まれる。猫のエドの放尿被害を防ぐ為、ベッドを覆える位のブルーシートが必要だという。それに年末年始の録画用に DVD を出来るだけたくさんというリクエスト。革靴も新しいのが欲しかったし、昼過ぎに自転車で向かう。
アド街で神田特集をしていたので、神田まで足を伸ばそうかとも思ったが松坂屋まで行ったところで「かったるく」なっちまった。ドーすっかなあと思っていた我輩の目に入ったのは。


b0091575_21313758.jpg



b0091575_21315279.jpg『紙やき ホルモサ』
上野広小路店
台東区上野3-17-7 小西ビル1F
03.3832.1129
ランチ 11:00〜14:30
ナイト 16:00〜23:30
上野松坂屋から中央通りを秋葉原方面に進むと左側に看板があるのでわかりやすい。
なんと開店2周年ということでランチが500円だと。迷わず500円ランチを注文。ビール無し。


b0091575_2132951.jpg本日の表紙の感じで出てくるのだが、側面から見た図がこれ。ま、特殊加工した燃えない硬い紙を器(鍋)として使用する。熱源が家庭用のカセットコンロなのはご愛嬌か。店員が「このまま暫くお待ちください」と言って奥に引っ込む。


b0091575_21322369.jpg暫くするとご飯のセットを持ってくる。その時に鍋をかき回すんですな。で、この状態。グツグツと音を立ててきたら食べごろになる。羊肉もタレのせいかクセも感じなく結構喰えまつ。
このタレ、旨い。もっとモヤシとかガンガン入れて喰いたくなる。墨田の「吉良亭」のスタミナ焼きを連想させる。


b0091575_21323938.jpg小皿に取って喰い始めたが、面倒なので後半戦はスプーンでぶっかけ飯状況。色と味から味噌ベースかと思ったが野菜ジュースをベースに何十種類ものスパイスを入れてるんだと。タレがドロドロ状態なので腹は膨れる、ご飯は小さめの丼で十分であろう。テーブルに置いてある豆板醤を若干入れてもいいかな。


[PR]
by anton_ms | 2006-12-20 21:59 | B級グルメの贅沢

僕らの音楽

Sadistic Mika(ela) Band 登場!


b0091575_23543939.jpg


b0091575_7441846.jpg


桃井かおりはどうでもよかったが、ついミカバンドの名前につられて見てしまいますた。
木村カエラやっぱいいなあ。マジでいつか 実花バンドを結成したいものである。




サディスティック・ミカ・バンド
加藤和彦 (Guitars,Mandolin&Vocals)
高中正義 (Guitars)
小原礼 (Bass,Guitars&Vocals)
高橋幸宏 (Drums&Vocal)
木村カエラ (Guest Vocal)


b0091575_022162.jpg


[PR]
by anton_ms | 2006-12-16 00:03 | MY FOREPLAY MUSIC

小田和正が尾崎を歌う?

我輩の部屋の中で唯一ホコリの被りづらい場所がある。机についているガラス戸の本棚である。そこに4枚組のDVDがある。

b0091575_23331839.jpg



今年も年末の28日に放送される。(12/28 23:30から25:53まで)
小田和正の『クリスマスの約束2006』である。
4枚組のDVDは昨年の収録物で 「小田和正より小田和正の唄が上手い」ご存知 F見副部長から借りたもの、いや借りっ放しになっているもの。
思えばフォークル前後にフォークに興味を持ち、吉田拓郎のコピーでギターを弾き始めた我輩にとって オフコース/小田和正はスルーしてきたアーチストであった。 SMC発足のきっかけとなった我が家での宴会で、F見君が我輩のS-Yairiを駆使して小田を歌ってから聞くようになったのだなあ。
吉田拓郎が LIVE をやらなくなった頃から知らずのうちに我輩も音楽から離れたが、SMC発足まで盛り上がったのも F見君の小田和正があったからかも知れない。もっとも、我輩の中で小田和正の存在は吉田拓郎/泉谷しげる/武田鉄矢の下位にあるわけだが。


『クリスマスの約束2006』のオープニングは「言葉にできない」だそうだぞ F見君! それに尾崎豊(小藤豊じゃない)もな。去年の返すからまた貸してくれ。


[PR]
by anton_ms | 2006-12-14 23:30 | MY FOREPLAY MUSIC
line

あのとき掲げた僕らの旗だけが 今も揺れている時の風の中で(the flag)


by anton_ms
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー