Anton日々精進それから

antonmino2.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

奥さんと谷中から竜泉

b0091575_8201640.jpg


昨日は朝から忙しかった。水曜日なので奥さん通院日、それに加えて姪が手術の予約を取るために同病院に行くというのでその段取りもありますた。
14:00ぐらいまではかかると予想し、10:00頃から二度寝の体制に入ったのだが、11:00に「もう、終わったよ」のコール。仕方ないから着替えて迎えに行く。
時間も時間なんで昼飯は外で喰うことにし・・・先日感動した谷中のメンチを喰わせることにした。続いた雨もあがりピーカンなので、散歩がてら直行!!


b0091575_8243243.jpgメンチ1個を半分ずつ喰おうと思ったが、昼飯をうどんにするので結局1個ずつ・・・熱々のメンチを立食い。
実はだな、根津神社に向う路地にある「根の津」で旨いうどんを喰う予定だったのだが、結局水曜日休みだったので断念!!


b0091575_8255750.jpg谷中銀座からよみせ通りに出る手前の電柱にこんな看板が・・・見て分かる通り目立たない路地である。とりあえず Check してみることにする。この辺の路地も狭い。


b0091575_8261363.jpgCAFE’TORSO
台東区谷中3-9-14
ランチタイム 12:00〜14:00
ディナー 18:00〜23:30
パスタとか喰わせる店らしいな。
ちょっと気になるので数ヶ月のうちに行こうと思う。


b0091575_826344.jpg


「根の津」が休みだったので、竜泉の「角萬」に行こうということになった。
足立区の梅田にある分家には2度程行ったので、本家の味も確認してみたかった。
奥さんに聞いたら、それこそ15年ぶりぐらいだという・・・だな。


b0091575_826522.jpgこれが本家「冷やし肉南蛮」850円。やはり記憶通り蕎麦はボソボソ感あり。それがいいんだろうが、なんか足立区の分家の方がいいと感じる。蕎麦湯も他の客との使い回しで温いし・・・やっぱ驕りがあってはダメだよなぁ。


[PR]
by anton_ms | 2006-10-26 08:27 | 吟遊詩人の旅

呑みゃ〜いいってもんじゃない!!

b0091575_2372923.jpg


1週間後の書き込みになってしまった。去る10月19日(木曜日)小伝馬町の先で開催された「べったら市」に自転車に乗って行ってきた。思えば12年ぶりに訪れたことになる。


b0091575_2310234.jpg今回の相棒はこの男。MyBlogでは陰の主役といわれている。仮にk-1君としておこう。k-1君は「べったら市」初参加である。
始めのうちは緊張のためかイマイチ乗りが悪かったが、次第に元気になっていった。


b0091575_23101545.jpg界隈はオフィス街なので子供がいない縁日状況である。大人相手の露店なのでどんな店にも酒が置いてある。
会社帰りの人間がスーツ姿でごった返ししている風景ってのは異様なものがある。色んな屋台にしつらえたテーブル席で完全に腰を据えて呑んでいる。缶チューハイ、缶ビール、升酒すべて500円。たこ焼き、焼そば、おでん、煮込み等もだいたい500円。感覚がなくなっていく明朗会計だ。


b0091575_23102954.jpg我輩も呑むごとに妙にフレンドリーになっていく。隣の2カップルとも軽く談笑。もっとも迷惑を考えなくなっている証拠。


b0091575_23104217.jpg乗りがいい屋台のネーちゃんと2ショット。この娘は撮られたがりで、何枚も撮らされた。我輩は・・・これはワンカップ酒ですな、もう何でもありのチャンポン呑みである。


b0091575_23105671.jpg缶チューハイにも背を向けない。
呑みながらも隣のサラリーマン軍団の愚痴が耳に入ってくる。皆、疲れを癒してるんだなーと思いながらも事態は思わぬ展開に。


b0091575_2311163.jpgなんだか知らないが、k-1君と女の子の記念撮影をしていた。我輩の画像もあるのだが省略。k-1君と交互に勘定をしていったのだが、最後はk-1君・・・これは次回かなり奢らなければならないと自覚している。しかし、あまり記憶がない・・・自転車で転ぶし。


b0091575_23113064.jpg


結局「べったら市」ってのは、日本橋本町の宝田恵比寿神社のお祭りなのである。我輩は喪中のためお参りも神輿に触ることも出来ないのだが、地元の氏子はどれくらいいるのであろう。k-1君の話では「神田祭」も似たよーなものだという。翌20日は神輿の渡御も行われるようだが、どの程度かは不明。来年は曜日が合えば渡御も見てみたいものだ。


[PR]
by anton_ms | 2006-10-25 23:34 | 吟遊詩人の旅

またもや谷根千・・・メンチ

b0091575_14482435.jpg


TVでやってるのを見て、どーしてもあのメンチが喰ってみたいと思っていた。
本日は夜に「べったら市」に行く予定なのだが、来週の休みまで待てない。
ちかくの循環バス乗り場から100円払って「めぐりんの旅」を根性で開始!!


b0091575_14504929.jpg芸大前で途中下車。芸大キャンパスに立ち寄る。陳列館で国際交流デザイン展を開催していたので見ることにする。美術館の方は休館日・・・残念。


b0091575_1451762.jpg1Fでは実際に色々なサクヒンが展示されていた。ここは2F、それぞれの作品がポスターとなって壁面を飾っている。展覧会は本日より開催、オープン時間だったので我輩が一番乗りであった。女性が一人きりでいたのだが、恥ずかしいので話しかけることも出来なかった。


b0091575_14555286.jpg芸大から上野桜木に出て谷中方面へ。
「喫茶 谷中ボッサ」
台東区谷中6-1-27
火曜日定休 11:30〜20:00
喫茶店なのだが、店内の壁面をギャラリーとして解放していたり、夕方18:00からはLIVEも行っている。
本日は時間の都合で素通り。次回は夕方、音楽でも聞きにいってみようかなとも思っている。


b0091575_14561817.jpg谷中霊園をぶらりする。
天気も良かったし、まだ緑が残っていてくつろぎ散歩となった。徳川なんとかの墓も見て来たぞ。


b0091575_14565977.jpg谷中7丁目あたりまで歩くと右側に目を引く横丁がある。昭和20年代からの横丁・・・初音小路である。
暗いので昼間でも裸電球のオレンジ色に染まっている。入口近くの「都せんべい」には観光客が2、3人。ちょっと覗いて後にする。


b0091575_14572051.jpgお馴染みの「夕やけだんだん」を降りていくと谷中銀座商店街が。すっかり有名になってますなぁ。JR日暮里駅や東京メトロ千駄木駅の両駅から徒歩で5分足らずという立地で、活気ある商店街なのでいまや観光スポットとなっている・・・我輩も来てるしね。


b0091575_1457482.jpg「肉のすずき」
荒川区西日暮里3-15-5
この商店街で松坂・前沢牛専門店として営業している。TVのグルメ番組で見てから、ここの松沢牛使用のメンチがどーしても喰いたかったのである。ミーハーの我輩としては当然の行動である。1個143円。
で、これが ↓ そのメンチ。味付きなのでソースなし。


b0091575_14581067.jpg


b0091575_14583557.jpg谷中銀座を歩くとT字路となる。そこが「よみせ通り」。左折してしばらく歩くと左側に「10円まんじゅう」のノボリが見えてきた。1個10円・・・10個105円からの販売。20個箱入りを購入し、本日の土産とさせていただく。しかし、おばちゃんパワーは凄いタダのお茶がぶ飲み状態であるな。


b0091575_14585861.jpgまんじゅうを購入し、さらに進むと「指人形笑吉」のノボリが見えてくる。その路地を入ると店がある。
台東区谷中3-2-6 
毎週火曜日18:00から指人形教室を開催しているという。参加費用は材料費込みで8000円。
本日の表紙画像がその人形たち。


b0091575_14592047.jpgさらに進むと三崎坂に出る。
三崎坂途中にある喫茶店。前回訪れたときは観光客で一杯で、オーダーもせずに出てきてしまいリベンジを狙っていたのだ。
「喫茶店 乱歩」
台東区谷中2-9-14
月曜日定休 10:00〜


b0091575_1502432.jpg乱歩の店内。
怪しげな外観同様、店内も暗い感じ。
店外の看板や、シュガーポットに《D坂(団子坂)より308歩》というキャッチフレーズが記されている。先客は外人カップルが一組のみ。前回と違ってジャズを聞きながらゆっくりと憩うことが出来た。かなり歩いたのでオーダーがアイス珈琲なのはご愛嬌といったところか。


b0091575_1504685.jpg


b0091575_1513198.jpg乱歩を後にし、かえりのバスに乗るために根津駅を素通り・・・母校U野高校の脇を通って鴎外ホテル前よりめぐりんに乗り込んだ。メンチだけが目的だったのだが・・・結構長旅になってしまった。


b0091575_1515597.jpgb0091575_1521139.jpgb0091575_1522753.jpgb0091575_1524465.jpgb0091575_153340.jpgb0091575_1531845.jpg


[PR]
by anton_ms | 2006-10-19 15:04 | 吟遊詩人の旅

休みの日は散歩も余裕だ

b0091575_993992.jpg


休みである。昨日はテレビ東京のWBSで笑わせてもらったので眠い。
6時頃目が覚めたのだが、今朝はのんびりして散歩は七時半過ぎ。
持ち物としては
 ・ビニール袋(小) 二枚
 ・ティッシュに包んだビスケット 三枚
 ・ペーパータオル 四、五枚
遠回りをして目指すはいつもの通りの東本願寺。
本堂の階段が近づくとユウはそわそわしだす。ビスケット欲しいからな。


b0091575_9145627.jpgビスケットを食べると、水屋の方に我輩を引っ張っていく。ここで水分補給である。完全にユウの頭の中ではパターン化している。


b0091575_9151342.jpgビニール袋に水を満たし傍らに持っていくと凄い勢いで飲みまつ。一息入れて、水麻のお墓に寄ってお家に帰るのであった。


[PR]
by anton_ms | 2006-10-18 09:18 | 名犬ラッシー

千手観音

d0089853_22473583.jpg


TVCMで何なんだろーと思っていたのだが、YouTubeで見つけた。
↓ 見て損はないな。


「千手観音を見たかったらクリック」


「もっと凄い、千手観音を見たかったらクリック」


以上、感動出来るなこれは。
金八シリーズの「ソーラン節」に匹敵すると思うぞ。


[PR]
by anton_ms | 2006-10-17 07:34 | TVっ子ですが、何か?

また行ってしまいますた

b0091575_5205670.jpg


町会役員会の食事会の話を家でしたら 「行ってみたい」というので、家族で出陣。
娘が友達と出かけたというので奥さん・母親と3人での食事会となった。
この店は各料理にハーフサイズの (小) があるので、少人数でも色々な料理を楽しむことが出来る。本日は (小)パーティ。酒は白鹿熱燗2合徳利をチョイス。


b0091575_52115100.jpg前菜として
胡瓜と烏賊のマスタード和え380円。
先日旨かったので頼んでみる。烏賊がとにかく柔らかい、落ち着いて食するとなかなかの味である。


b0091575_5213142.jpgアスパラと帆立炒め(小)650円。
これは評価が高かったですな。帆立がレアに近い状態なので柔らかさと歯ごたえが共存している。


b0091575_5214862.jpg黄韮と牛肉炒め(小)600円。
女性陣2人には不評。そうかな?結構酒のつまみにはいいと思うんだけど。黄韮のさっぱり感が捨て難いと思うのだが。


b0091575_523045.jpg海老と烏賊のカシューナッツ炒め(小)600円。
奥さんがカシューナッツ炒めが好きなのでオーダー。海老と烏賊ってのが珍しかったので頼んでみた。これは好評でありますた。


b0091575_5231824.jpg瓶出し紹興酒をグラスでロックにしてもらう380円。
先日は紹興酒を飲み過ぎたので今夜はこれ一杯だけにする。


b0091575_5241646.jpg食事は麺類にした。これは母親が頼んだワンタン麺780円。


b0091575_540580.jpg奥さんが頼んだ胡麻担々麺800円。


b0091575_5244384.jpg我輩が頼んだスーラータンメン800円。


b0091575_525493.jpg


小椀を頼んで少しずつ取り分け、3種を食べ比べてみる。我輩の評価としては 胡麻担々麺>ワンタン麺>スーラータンメン というところだ。


b0091575_5252679.jpg


3人で5000円程の外食。値段も満足だったよーである。


[PR]
by anton_ms | 2006-10-14 23:20 | B級グルメの贅沢

忘れてた、町会役員会があったんだ・・・!

b0091575_2321668.jpg


休日2日目なので恒例により3丁目整骨院で骨休みをしたのであるが、そこで思い出した。今日は町会の月例会である役員会であった。19:00から寿一町会会館で会議。45分程度で会議は終了、その後夕食会となる。今回は国際通り沿いにある永和園(北京料理)。


b0091575_2324231.jpg永和園
台東区寿3-9-6
03.3847.5188
火曜日定休

こんな感じの夕食会。
先輩たちは結構な年齢なのだが、よく呑みよく喰らう・・・あやかりたいモンである。


b0091575_233092.jpg烏賊と胡瓜のマスタード和え 380円
胡瓜を炒め物に使うのは違和感があるが、なかなか旨い。マスタードの辛さが胡瓜に実に良く合う。


b0091575_2331972.jpgくらげのサラダ380円
まあ・・・くらげね。


b0091575_2333390.jpg鶏唐揚げと茄子肉詰めの唐揚げ/時価
黒胡椒と粗塩をつけて食する。
残念ながら茄子の方は吾輩の口に入らなかった・・・旨そうであった。


b0091575_2334971.jpg乾杯は吾輩の苦手のビールだったが、すぐに老酒に変更。老酒は中華料理を流し込むのに適している。
ちなみにグラスを持つ手はk-1m君。


b0091575_234458.jpg続いて芝海老チリソース1030円
どーしても吾輩のBlogを通じて全世界にアピールしたいというので・・・先輩であり、地元の珈琲の名店のオーナーであるコタージュ寺田氏とエビチリ。


b0091575_2342281.jpgこれは厚揚げの黒胡椒炒め850円
熱々の旨さですぞ。みてくれ以上の出来である。
プライベートで来てもオーダーしたくなったな。家でも作れそーだ。


b0091575_2343988.jpgちょっと箸休めの搾菜。細切りの搾菜が結構いける。


b0091575_23261179.jpg鶏肉とカシューナッツの辛味炒め850円
家族で中華料理を頼む場合、ナッツ系はあまりオーダーしないので懐かしい感じの食感である。鶏肉の皮の脂身がなんとも旨い。


b0091575_2345399.jpg豚肉の甘酢あんかけ(結局、酢豚ね)930円
これは無難な味。豚肉の具合は良かったと思う。


b0091575_235826.jpg締めは麺類だと予想していたのだが、レタスと海老の炒飯580円
これも予想通りの味、レタスのシャキシャキ感が感じられて意外と秀作かもしれん。


家から徒歩2分の場所にある永和園・・・今度は家族で来ようと思っている。
次回役員会は11月14日(火曜日)である。来月の公休を合わせなくては・・・。


[PR]
by anton_ms | 2006-10-11 23:33 | 日々の暮らしについて

昼にしゃぶしゃぶを喰らう

本日は休日だったのだが、朝6:30から普段出来ない視察。
A立区のここかしこと物件を見て廻った・・・眠い。
昼頃一息ついたので、奥さんを昼飯に誘う。どうせ車で移動だし・・・


b0091575_1758049.jpgしゃぶしゃぶ どん亭鳩ヶ谷店
鳩ヶ谷市南4-26-1
048.281.7401
11:00〜24:00
ファミレスタイプのしゃぶしゃぶ屋。
ランチタイムは結構混んでいる。

都心に出店していないのがマイナス。
田舎モンにばかり喰わせてんじゃねーぞ。


b0091575_175827100.jpg


ランチメニューは豊富だ。普通は牛しゃぶ定食(牛ロース・野菜盛り合わせ・ご飯・香の物)980円/肉の大盛り1080円でいいであろう。
今日は奥さんと一緒だったので特選牛しゃぶ定食大盛り1580円をチョイス。
タレは葱と紅葉おろしをたっぷり入れた柚子ポン酢と、小さなすり鉢で白ごまをすってそこに入れるゴマだれの2種類。
野菜盛りは 白菜・えのき茸・人参・水菜・マロニー・木綿豆腐・幅広のうどん。
うどんとご飯はお替り自由。
ご飯をお替りし、肉を2〜3枚残したところで「うどんつゆの素」を出汁のきいた汁で割り、野菜たっぷりのうどんを作る。それを啜りながら残りの飯を喰うというわけだ。


b0091575_1758414.jpg


これが特選牛ロース・・・いつもの肉と違う。いい出汁が出たぞぉ。
物足りない場合は880円で肉のお替りも可能だ。今日はランチメニューで満足。


b0091575_17585658.jpg喜んで勘定を払ったところを見ると、奥さんも大満足したよーである。
このあと上野に戻り、多慶屋で猫砂と犬のおやつを購入し奥さんを家に送る。
吾輩はその後また仕事を少々・・・そんで車を会社に置くべく再びK口方面へ。
赤羽のおでん屋でおでん種を買ってこいと言われたので行くことになった。
しかし・・・疲れるよなぁ。


[PR]
by anton_ms | 2006-10-10 18:44 | B級グルメの贅沢

夕飯2態

奥さんがあまり頻繁に買い物が出来ない状態なので、夕飯が外食になる場合もある。
先日は馬道にあるペッパーランチに二人で行きますた。


b0091575_2105013.jpgペッパーランチ
浅草店
台東区花川戸2-20-8
03.3844.8292
無休 11:00am〜


b0091575_211462.jpg


  ↑  目玉焼きハンバーグライス750円をチョイス。
味噌汁80円とポテトサラダ100円を追加する。熱く焼いた鉄板にのってくるので、生に近かった玉子が見る見るうちに目玉焼きになっていくのが嬉しい。ここはオージービーフのステーキがメインなのだが、ハンバーグ結構いけますぞ (びっくりドンキーのハンバーグも実はお気に入りなのだが)。
コツとしてはカウンターに出て来た段階でハンバーグを返す。そして付け合せの (特にモヤシ)を鉄板にひろげるように焼く・・・そんでおろしタマネギの和風タレをかけて食する。頃合いを見て玉子の黄身をまぶすようにするとgood!!
夜にラーメンを喰いにいくよりは食事という感じがしたな。


さて、一昨日だが奥さんと昼間買い物に行って、ついでに夕食の食材を調達。
エーマートで国産牛肉のスネ肉を安売りしていたので300gパックを3パック購入。その後ビーフシチューでも作ろうか? ということになった。最終的にもう1パック購入し、肉1.2kgにしますた。いまいち力が入らないのは、吾輩が作らなかったので過程がないのでR。


b0091575_2112168.jpg


肉を増やしたのは正解。トーストを一枚焼いて、そのあとにホッカホカのごはんでビーフシュー2杯たいらげますた。我家の場合、シチュー系は2日。カレー系は3日。煮込みやおでんは3日にかけてたいらげる。金をかけても安上がりであるのだ。


[PR]
by anton_ms | 2006-10-08 21:33 | B級グルメの贅沢

立ち呑みを考えてみる

仕事が休みの時に、3丁目整骨院に行くのが慣例となっている。
その待合室に色々と雑誌が置いてあるのだが、その中に都内の立ち飲みの店を特集している雑誌があった。手に取って見てみるとなかなか面白い。
渋谷・新宿などは行く機会がないからパスするとして、日常行けそうな店があったので調べてみた。ネットでかなり研究してみましたぞ。
その雑誌にはお馴染みの「いこい/赤羽」「おでん丸健水産/赤羽」も記されていた。


b0091575_21545259.jpg「ニューカヤバ」
中央区茅場町2-17-11
03.3661.7815

写真でも分かる通り、店の暖簾は駐車スペースの奥にあるようだ。そのために入るのに躊躇するようだという。
ここは自販機で呑む分を購入しひたすら呑む店のようだ。写真の中の切り抜きはトリスの自販機・・・見事な佇まいではないか!! それも焼酎だろうが日本酒・ウィスキーも100円という安さ。Wでも200円だ、合格。
また店内に「焼き場」がある。これは焼き鳥を頼むと生のまま出してくるので、自分で焼いて食べるらしい。数人で行った場合、これも楽しみの一つになりそうである。その他、つまみ類は300円程度客単価としては1500円程度と思われる。


b0091575_21551238.jpg「(有)まきしま酒店」
台東区上野5-25-7
03.3831.6900

吾輩の実家もついこの間まで酒屋であった。幼少の頃は店頭でコップ酒を販売していたものだ。俗称「もっきり」という。毎月3のつく日に店の前の通りには多くの露店が並ぶ縁日だったので、テキ屋のおっさんたちで満員。冬は近くの染物工場に出稼ぎに来ている人が仕事の疲れをとる憩いの場でもあった。
基本的にこの店も「もっきり」と考えていいであろう。
コップ酒(300円〜400円)、ワンカップや瓶入りの日本酒も可能。
つまみは乾きものと缶詰が主体となる。
ノスタルジーに浸ってみるのもいいかな。


b0091575_21553690.jpg「百飲−ひゃくいん−」
千代田区神田平河町2-4 村源ビル2F
03.3863.9393

ちょっとオシャレな感じ。モノトーンの店内・・・似合わねーかな。
しかし、気に入ったのが「百飲」の屋号。
ここはほとんど全てのものが100円ということだ。生ビールもジョッキだと200円だがグラスだと100円だという。吾輩のようにビールはコップ一杯が限度の人間にはピッタシではないか!!
[ 百飲シミュレーション ]
グラスビール×1、酎ハイ×2杯、日本酒×2杯、つまみ×3種類で・・・800円!! ホントかおい。赤羽「いこい」の上をいくのか?


とりあえず近日中に探検してみるつもりである。今一番行きたくなっているのが「ニューカヤバ」かな・・・自販機を体験してみたいものである。
[PR]
by anton_ms | 2006-10-05 22:34 | B級グルメの贅沢
line

あのとき掲げた僕らの旗だけが 今も揺れている時の風の中で(the flag)


by anton_ms
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31