Anton日々精進それから

antonmino2.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:銭湯はパラダイス( 101 )

浅草五丁目のお風呂

b0091575_22425651.jpg
「アクアプレイス旭」 火曜日定休
台東区浅草5-10-10 03.3872.3091 15:00〜25:00営業
薬湯、電気風呂、ジャグジーなどがある浴室から内部階段を上って中二階に上がると、サウナと20℃アンダーの19℃の水風呂がある。中二階からのちょっと変わったこの眺めいいでしょ。
b0091575_951617.jpg



[PR]
by anton_ms | 2009-06-28 22:43 | 銭湯はパラダイス

菊坂下のレトロな銭湯

b0091575_21263565.jpg
一葉旧宅のある路地にあるレトロな銭湯でありまつ。鐙坂の下にありまつ。
「菊水湯」金曜日定休 文京区本郷4-30-16 15:30〜25:00営業
坂の多い風景の一角にあり下町の風情が感じられる外観である。昭和37年築造だという。
b0091575_14261461.jpg
下足入れから古びてまつ。番台が健在でありまつ。掃除が行き届いた脱衣所でありまつが、天井には未だこの季節は羽根が外されておりますたが、大型の扇風機がありますた。なんか昔の銭湯を思いだしまつ。
b0091575_14264091.jpg
こんなにじっくり浴室の撮影が出来たのは客が少ないからなんでつな。少ないというより皆の入浴時間が信じられない位短いのでありまつ。実質15分以内じゃないかな。我輩と同時刻に全部で6人くらいいたんだが、湯槽にゆっくり浸かっているのは我輩だけでありますた。ほとんどがカラダを洗って出て行くだけって感じ。
湯槽は二つに分かれていて、小さい方は宝寿湯で大きい方は白湯。白湯は座れるジェットバスと端っこに電気風呂がありますた。他客のカラスの行水のおかげで人はいるけど貸し切り状態の入浴に満足いたしますた。銭湯お遍路の52番目の銭湯になりますた。
b0091575_14265376.jpg
「風呂屋の富士山詣で」の方はスタンプはパス。我輩の中でのベスト10には入らないため。
ただ、たまにはこういうレトロ銭湯に入るのもいいもんだと思いますたな。


[PR]
by anton_ms | 2009-06-15 21:26 | 銭湯はパラダイス

我慢と書いて「六龍鉱泉」と読む

b0091575_21131040.jpg
本日の旅の終りは池之端の名湯で締める。例の「風呂屋の富士山詣でスタンプ」も、この銭湯を抜かしてはならないのだ。観光スポットにもなっているのか開店前から並んでおりますた。
b0091575_21131914.jpg
「六龍鉱泉」
月曜日定休 台東区池之端3-4-20 03.3821.3826 15:30〜23:00営業
b0091575_21133030.jpg
ここの壁画はペンキ絵じゃなくタイル絵の錦帯橋。かなりの時代を経た銭湯なんだが、全てが磨かれこんでいて清潔感たっぷりでありまつ。白タイルの床の奥に黒湯の浴槽のコントラストがいいでしょ。
b0091575_21133932.jpg
さて問題の湯槽。向って左側が湯温45℃前後の床バブル。右側が47℃オーバーの静寂の湯槽。この「静寂の湯槽」って言葉は一度でも行ったことがあれば理解出来ると思うんだけど。
左側の湯槽は人気でありまつ。とりあえず入れるから。まあ、それでもボコボコの床バブルが体感温度を上げるので水で温くする人もいまつな。さて「静寂の湯」。
① 人がなかなか入らない
② 泡系の設備がないため、湯面が全く動いて(?)ない
洗い場から見ると湯もみ棒を境に静かに獲物を待っているような面構えなのでR。
我輩?勿論、本日の湯温48℃の湯に入りますたぞ。銭湯巡りを始めた頃は90秒が限界であったが、最近は二分は入れるよーになりますた。以前にも書いたが、入ってしまえばなんとかなるもんでR。カラダの先の方がしびれてくるんだが、それはまだいいのだ。一番のクライマックスは湯槽から出る時。どうしても湯の中で動いて出るから体感温度が急上昇!従って、上がった瞬間は足踏みをする位の熱さを味わうことになるのだ。
本日も熱湯に入ったという達成感と、熱湯に入れないギャラリーの視線を浴びる優越感にたっぷり浸かって真っ赤になったカラダを小さな縁側で冷ますのでありますた。
b0091575_220101.jpg



[PR]
by anton_ms | 2009-06-06 21:13 | 銭湯はパラダイス

ここに行ってなかったとは! HOTランドみどり湯

b0091575_2154748.jpg
「HOTランドみどり湯」
月曜日定休(祝日の場合は営業し、翌火曜日休み)
北区志茂3-25-9 03.5249.1426 15:00〜24:00営業(日曜日は13:00〜)
 
b0091575_23322531.jpg

b0091575_23323553.jpg
HOTランドみどり湯のお風呂の種類
 サウナ(別料金300円。テレビ付きかなりの高温)
 冷水風呂(21℃くらいの冷水。20℃アンダーでないと我輩の場合冷水とは認めない)
 エステブロー(浴室中央に二つ並ぶ寝ころび湯。これはすぐれモノでありまつ)
 リラックスバス(床バブルの中温風呂。手足を思いっきりのばして入ろう)
 電気風呂(リラックスバスの一角に設けてある。程よい電気具合であった)
 ジェットバス3種(湯槽を3つに仕切り、座ジェット / ボディーマッサージ / ジェットスリム)
 露天風桧風呂(高温設定の風呂。備長炭風呂で気持ちいい)
 露天風岩風呂(イベント風呂になっていて、日替わりの薬湯。本日はアロエであった)

b0091575_23324585.jpg



[PR]
by anton_ms | 2009-06-05 21:05 | 銭湯はパラダイス

風呂屋の富士山詣で 中間報告

b0091575_21393798.jpg
5/7のコラムで紹介した通り、東京都公衆浴場生活衛生同業組合の企画で「風呂屋の富士山詣で」スタンプラリーをやり始めておりまつ。一昨年からやってる「東京銭湯お遍路巡礼スタンプラリー」とは別企画ね。後者は50箇所を巡った段階(一応88カ所がノルマ)。こっちの富士山詣では10カ所なので、どうせなら我輩のお気に入りの銭湯でてっぺんまで登ろうとしている。
予定通り、初っ端は台東区最強の銭湯と評価している「寿湯」、続いて一番近場の温泉銭湯「蛇骨湯」と回りますた。さて今回は足立区に足を伸ばし、銭湯マニアにとって定番中の定番の名湯二カ所に浸かってまいりますた。我輩のブログでは御馴染み、正月二日にに必ず訪れるとこ。
b0091575_21394965.jpg
「大黒湯」足立区千住寿町32-6 03.3881.3001 月曜日定休 15時〜24時 
言わずと知れた“ キング・オブ・銭湯”でR。佇まいからしてとにかくでかい。立派な宮造りの外観に瓦屋根下の大黒様の彫刻。脱衣所に入り見上げれば格天井一面に花鳥風月の画が描かれている。昭和初期の貴重な建築物でもある。浴室の正面には伊豆から見た富士山の見事なペンキ絵、これは欠かせませんな。内湯は広い湯槽の一角に寝ジェットと座ジェット/19℃の冷水風呂/サウナ(別料金400円)と揃い、側面の扉を開くと露天風呂になっている。ここは来るだけで満足しちゃう銭湯でR。
b0091575_2140052.jpg
大黒湯を出て、柳町方面に歩く。千住大門(おおもん)商店街を通り過ぎるのだが、さすがにちょっと寂しい商店街になってまつな。千住柳町から千住元町の道は見所満載なのでR。
b0091575_21401115.jpg
ちょっとだけ千住な風景を撮ってみたんだが、今回は目的が違うので先に進む。
b0091575_21402168.jpg
「タカラ湯」足立区千住元町27-1 03.3881.2660 金曜日定休 15時〜24時
ここも正月二日に訪れる銭湯で“ キング・オブ・縁側”として君臨している。浴室の説明をしておくと、ここもサイズとしては広い。湯槽は向って右側がバイブラの座湯、左側が同じくバイブラ風呂だが、赤外線装置とイベント風呂になっていて本日はラベンダー湯、その左の一角は電気風呂になっている。さらに左奥には仕切られた二つの湯槽で窓際がラジウム、手前が薬湯となっている。縁側、庭園に目がいきがちだが、どーしてどーして風呂も充実しているのだ。
b0091575_07290.jpg
風呂上がりにはやっぱり縁側で涼む。脱衣所から見える庭、縁側から眺める日本庭園は言う事無しでありまつな。縁側でカチンカチンに冷えたビールや缶チューハイをゴクリとやる瞬間、正直浮き世の事を忘れる事が出来まつぞ。さて、これで足立区の銭湯はOK。次回は谷中と池之端の名湯二店の予定。
b0091575_2140325.jpg


b0091575_21404444.jpg
3月初旬に訪れた武蔵小山の「清水湯」が専門誌で紹介されておりますた。撮影許可をもらって開店15分前から入場。二種類(黒湯と黄金湯)の温泉が楽しめ、設備もスーパー銭湯並みの猛者銭湯だった。当日は加熱装置の具合が悪く全体にぬる湯だったので、是非また訪れてみたい。今回の風呂屋の富士山詣で10カ所に加える事が出来れば嬉しいことでありまつ。


[PR]
by anton_ms | 2009-06-04 21:40 | 銭湯はパラダイス

銭湯巡り 中間報告

b0091575_204028.jpg
先日行った墨田区亀沢の「幸楽湯」で銭湯巡りのお遍路も50カ所までたどり着きますた。とりあえず88カ所でゴール。しかし、認定車の数は凄いぞ。
 26浴場認定者 1645人 / 銭湯お遍路88浴場認定者 614人 / 176浴場認定者 127人
 264浴場認定者 59人 / 352浴場認定者 32人 / 440浴場認定者 19人
 528浴場認定者 14人 / 616浴場認定者 10人 / 704浴場認定者 9人
 792浴場認定者 6人 / 880浴場認定者 5人 (2009.05.07現在)

ちなみに我輩は26浴場認定者(昨年1月末に認定)の1/1645人ということになる。
まだまだ先は長いなあ。スタンプシート一冊は88カ所で満杯になるので880カ所を達成した偉人達は10冊、既に11冊目に突入しているんだから凄い。なにしろ全て異なる銭湯でスタンプを押して貰わなくてはならない・・・こいつらどんな生活してるんでつか?
ちなみに我輩が制覇した銭湯を区ごとに整理すると
 台東区 24カ所/全体40カ所  足立区 05カ所/全体58カ所
 墨田区 07カ所/全体43カ所  荒川区 03カ所/全体42カ所
 北 区 07カ所/全体44カ所  文京区 01カ所/全体15カ所
 大田区 02カ所/全体73カ所  品川区 01カ所/全体37カ所

いやあ、まだまだでつなあ。台東区だけでも6割の達成率でしかないんだよな。基本的には自転車を利用していくとするとやっぱ隣の墨田/文京/荒川区あたりの達成率を上げて行くしかないか。本当は現在の立場は消化しやすいだけど・・・そーもいかないし。
b0091575_20401587.jpg
さて幸楽湯で新スタンプラリー「風呂屋の富士山詣で」のシートを見つけちゃいますた。
期間中(今年の9月一杯)、東京都内の銭湯のスタンプを10個あつめると、オリジナル銭湯背景画がもらえる。(名前は「風呂屋の富士山詣で」だが、約880軒の加盟浴場すべてが対象)
−参加ルール−
 ・入山届けに、氏名・住所・電話番号を記入。
 ・1合目から順番にスタンプをを貰おう。
 ・1回の入浴で1個スタンプを押印。
 ・スタンプは店ごとにすべて違う。同じ店のスタンプを複数押すことはできない。
 ・山頂(10合目)に着いたら、申請料として400円の郵便定額小為替を同封して
  ノートを東京都浴場組合に郵送。
  ただし家族など同一の住所に発送する場合は、4名まで上記申請料で応募できる。
 ・登頂証明印を押印し、記念品を進呈。毎月15日までの到着分は月末に発送。
 ・応募できるのは一人様、1通。複数枚の応募があった場合は、無効。

b0091575_2040277.jpg
さて10軒ゴールだとまあまあ達成出来るだろう。最初に「幸楽湯」でスタンプを押して貰ったが、まてよちょっとこだわってみてもいいかなと思い始めてきますた。折角10軒なんだから我輩の Best10 で占めてもいいのかも。そうしよう、えーと Best 10 を選ぶと・・・
 蛇骨湯(台東区 : 地元が誇る温泉銭湯)/ 寿湯(台東区 : お気に入りの最強銭湯)
 六龍鉱泉(台東区 : 池之端の熱湯黒湯)/ 大黒湯(足立区 : ご存知キングオブ銭湯)
 タカラ湯(足立区 : キングオブ縁側)/ 朝日湯(台東区 : 馴染みの谷中の名湯)
 さくら湯(墨田区 : 墨田の重鎮銭湯)/ 御谷湯(墨田区 : 高温、中温、低温の黒湯)
 テルメ末広(北区 : デザイナー銭湯)/ 藤ランド(北区 : 埼玉屋とセットということで)
 露天風呂ゆの花(北区 : 白い温泉名湯)/ 曙湯(台東区 : 観音裏の名銭湯)
 武蔵小山温泉 清水湯(品川区 : 銭湯の常識を大きく覆す二種類の温泉銭湯)
 湯どんぶり栄湯(台東区 : 7種類の風呂とサウナが楽しめるパラダイス)

うーん、この中から選ぶって感じでつかね。遠い銭湯もあるし、迷うところでR。
b0091575_20403941.jpg
↑ ちなみにこれは銭湯に置いてある銭湯情報誌の「1010」でありまつ。1993年創刊だから16年目に突入した小冊子でR。毎号3カ所の銭湯を紹介していて、行く行かないは別にして大いに参考になる。今号は個性派銭湯空間セレクションとして文京区の「おとめ湯」が紹介されていた。中庭がある銭湯で近々行ってみたくなっておりまつ。


[PR]
by anton_ms | 2009-05-07 20:41 | 銭湯はパラダイス

5月5日は菖蒲湯の日

b0091575_8223750.jpg
本日5月5日は「端午の節句」でR。この日は別名「菖蒲の節句」ともいい、もともとは厄除け、魔よけの行事が行われる日だったらしい。菖蒲湯は、元来中国では《蘭湯》又は菖蒲湯といって漢方の湯治療法の一つであった。それで湯に蘭、又は菖蒲の葉を入れることが伝来し、わが国では蘭は少なく、花に香気のある蘭よりも、各所にあり、葉根に香気のある菖蒲が一般的となったのである。ことに《ショウブ》の語が《尚武》に通ずることから、端午の節句と一層結びついたものである。
古くは《端五》の節句と書き、5月5日に推古天皇のとき以来《薬日》として山野に薬草を採集することが恒例となり、この菖蒲も採集されてきたのである。(東京都浴場組合ホームページ)

b0091575_15264698.jpg
千駄木周辺の散策、霧雨の中を自転車で移動していたので帰りに銭湯に寄る事にした。本日は菖蒲湯なのでちょうどいい。やっぱ早目の12:00から開く「寿湯」になっちゃいまつな。
b0091575_16571884.jpg
やはりイベント風呂の日なので開店30分ほどでも人は多い。ただ先日のリニューアルで広くなったのでちょっとタイミングをずらせばゆっくり撮影出来ますた。普段薬湯になっている内湯湯槽と大型露天風呂に菖蒲の長い葉がたっぷりと投入されておりますた。湯槽に入り菖蒲を自分の方にたらふく寄せまつ。思ったより香りは強くないものの天然アロマでつ。ついつい長湯してしまいますた。
b0091575_16572854.jpg
告知の通りヤクルト一本貰いますた。湯上がりのヤクルトで疲労回復でありますた。


[PR]
by anton_ms | 2009-05-05 15:27 | 銭湯はパラダイス

五月三日の銭湯でありまつ

午後一番のTV番組を見終わった直後、知人からの電話に1時間も捕まってしまった。結構疲れた気分になってしまいますた。今日は奥さんの病院に行く前に銭湯でも行って気分を変えよう。どうせ隅田川を渡るのだから本日は墨田区の銭湯を候補として選ぶ。
b0091575_193772.jpg

b0091575_110729.jpg
明日は仕事の打合せで新越谷まで遠征でR。帰りにまたどっかの銭湯でも行ってくるかな?明後日は菖蒲湯なのでどこにしようか?確か昨年の菖蒲湯は足立区千住のタカラ湯だったと思ったけど。


[PR]
by anton_ms | 2009-05-04 01:17 | 銭湯はパラダイス

夜に行きたかったので 寿湯再び

b0091575_23131358.jpg
夜遅かったけど、昨日行った新装寿湯の夜の露天に入りたくなっちゃったので行ってきますた。
b0091575_2313238.jpg
うん、期待通りのイメージ。今まで通り遅くても入客数は多いのだが広くなった分バラけてまつ。広い露天風呂も時間をちょっとずらせば独占出来まつ。夜空の下で温めの露天に浸かるのは最高。
b0091575_23133411.jpg
内湯も比較的独占出来る場面もありますた。内湯は熱めなのでじっくり暖まって露天エリアにいってカラダを冷ましながらくつろぐ。こりゃ、長時間いちゃいまつな。週二回ぐらいは通いそうでありまつ。
b0091575_2313442.jpg



[PR]
by anton_ms | 2009-05-02 23:14 | 銭湯はパラダイス

寿湯ついに完全態に!

b0091575_14101858.jpg
台東区役所の近く、東上野の寿湯は我輩のお気に入りの銭湯のひとつ。改装したというので行ってみた。
いつも通りに450円払って入る。脱衣所から直接行ける露天のエリアだが何か風景が違うぞ。
b0091575_1710829.jpg
今までの狭いながらも満足していた露天風呂がなんと冷水風呂になってる、はて?
今まで冷水風呂のあったとこがフラットになってて、なんと壁がなく奥になにやら違う風景が・・・。
b0091575_17101835.jpg
あ、凄ええええ!大型露天風呂の登場でありまつ。今までの露天風呂はせいぜい4人ぐらいが許容スペースだったが、新露天風呂は倍は入れるほどでつ。広さだけじゃなくて開放感抜群でありまつ。所々スポットライトがあり、夜のライトアップも期待出来そうでありまつな。
b0091575_17102865.jpg
寿湯は三代目が頑張ってる銭湯でありまつ。改装前でも室内風呂(薬湯深/薬湯浅/座湯ジェット/寝ころびジェット/全身バイブラ/集中ジェット)、ドライサウナ、冷水風呂、露天風呂と充実していたが今回の改装で加えて大型露天風呂、塩サウナ、洞窟水風呂が追加・・・これは銭湯の枠を越えてきちゃいますたな。
b0091575_1710387.jpg
サウナを利用するには+200円かかるのだが、バスタオル付きでドライサウナと塩サウナの両方楽しめるとすれば合計650円も安いものだと思いまつな。洞窟水風呂ってなかなかいいもんでつぞお。
b0091575_1710481.jpg
やはりこの開放感は抜群でありまつ。天気がいい日は気分爽快でありまつ。夜遅い入浴でも肌寒感がたまらなくなりそう。GW中なので昼間だったがついつい風呂上がりの生呑んじゃいますた。
三代目に「凄い事になっちゃったね」と話しかけると
満足げに「とうとう最終形です」と答えた。うん、正しく最強の銭湯のひとつになった寿湯でありますた。近いうちに夜来よう。
b0091575_17105894.jpg
「寿湯」第4金曜日定休
台東区東上野5-4-17 03.3844.8886 12:00〜15:30営業
5月5日(火)は菖蒲湯。先着600名にヤクルトプレゼントあり。
ちなみに凍ったジョッキに注がれる生ビールは380円。我輩も一杯なら極上の気分ですた。


[PR]
by anton_ms | 2009-05-01 14:11 | 銭湯はパラダイス
line

あのとき掲げた僕らの旗だけが 今も揺れている時の風の中で(the flag)


by anton_ms
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30