Anton日々精進それから

antonmino2.exblog.jp ブログトップ

三社祭2009 名残の町内渡御

b0091575_22274349.jpg
午後三時半を回ると最後の渡御が行われる。神酒所を出発し、町内の南北の通りを直進して公園まで行くものだ。これも恒例で毎年各地から担ぎ手として参加してくるグループ(同好会)のお披露目も兼ねている。
(参考 : 参加している同好会)
祭祈会 / 山王祭友会 / 甚平会 / 祭梁睦 / 志友会 / 雄飛睦 / 祭志睦 / 亀神睦 / 梟(ふくろう)
以上9団体
b0091575_124938100.jpg
前棒をひとつの同好会が担当し、後棒は次に担ぐ同好会が担当する。その繰り返しで毎年和やかムードで進行してまつ。終盤は同好会の枠を取っ払って女性だけの担ぎ手で暫く任しているんでつな。
b0091575_12494855.jpg
最後にに町会役員が入って担ぎ、最終的にオープン選手権の如く自由に担いでもらって、神輿渡御は馬に乗せられる。
b0091575_12495892.jpg
町会長の挨拶、祭典部長の挨拶、若手クラブ会長の三本締めで終了。担ぎ手の手を借りて神輿を納めまつ。
b0091575_1250937.jpg
今年は「とんかつ さぼてん」のヒレかつサンドと飲み物を支給しますた。
b0091575_1250194.jpg
一般担ぎ手に軽食の支給が終了すると、同好会が町会半纏の返却とお礼挨拶代わりの三本締めをしてそれぞれ来年の再会を誓うのでありますた。ずいぶん歳とった同好会のメンバーもいまつな。
b0091575_12503049.jpg
↑ これが町会で祭を仕切る若手のメンバー。色々と工夫をしているようだ。まだまだ頑張りそうな奴らでR。


[PR]
by anton_ms | 2009-05-17 22:30 | 日々の暮らしについて
line

あのとき掲げた僕らの旗だけが 今も揺れている時の風の中で(the flag)


by anton_ms
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30