Anton日々精進それから

antonmino2.exblog.jp ブログトップ

明神の湯 詳細

朝っぱらから足立区大谷田にある「明神の湯」に行ってきますた。
b0091575_17302731.jpg
ここは二度目の訪問でありまつ。本日が週一の[ 源泉かけ流し ] の日であったことと、8/31まで朝風呂が8:00からやってることで行っちゃいますた。さすがに朝8:00というのは客も少なく、5分間は貸切状態だったので前回撮影出来なかった内湯も撮影出来たのであります。


先ず履物をロッカーに納めてから販売機でチケットを購入する。入浴だけならそのまま受付に券を渡して入場する。手ぶらで来た場合のタオルや、入浴後の部屋着はここで受け取る。アカスリやマッサージなどもここで予約する。脱衣所から「木」を多用した造りになっていて、これがここのコンセプトになっている。
b0091575_17312593.jpg
トイレも古い民家を意識している感じ。飲み物の自動販売機は普通。風呂場のカランも「木」。固定じゃないシャワーが嬉しい。


浴室に入ると目の前に「かけ湯」がある。温い湯と冷水の2種類。「かけ湯」の右側に「水風呂」があるが水温19℃とかなり冷たい。
b0091575_17323253.jpg
「水風呂」の手前にサウナ室がある。入口にはクーラーBOXが置いてあり中には氷が入ってますぞ。「水風呂」の脇には飲用可能の「明神の力水」、これが冷水なら申し分ないのだが温い。


内湯としては二つに仕切られた天然温泉がある。天然ナトリウム塩化物強塩温泉で、簡単にいうとかなり塩っぱい。浴槽は青森ひばで作られていて、手前が「あつ湯」庭側が「ぬる湯」である。週一のペースで [ 源泉かけ流し ] の日がある。それを狙って行ってみて欲すい。向かい側に一段高く浴槽を設置した「高見の湯」がある。温泉でなく白湯だし、あまり意味が無いので入る人は少なそうだ。
b0091575_17334842.jpg
「高見の湯」からシャワーを挟んで「源泉蒸し風呂」がある。これは源泉を蒸気にしているのでカラダに良さそうなのだが、辛いほど暑い(熱い)。じっとしてるとそうでもないのだが、動くと熱い。


露天風呂に向かう。面積はそう広くはないが樹木を効果的に配置しているのでなかなかいい感じである。庭に出ると左側に頭にかぶる笠が置いてある。右側にメインの露天風呂がある。残念なことに露天風呂は天然温泉ではない。光明石を浴槽に使用していて光明石泉と称している。露天風呂は三つに区切られていて手前が「あつ湯」奥が「ぬる湯」である。
b0091575_1735333.jpg
「ぬる湯」が普通の浴槽と「寝湯」に分かれているのだ。一番奥に檜風呂01。


奥の左側に「人肌の湯」がある。38℃と一番のぬる湯である。檜風呂は「人肌の湯」手前にももうひとつ。この檜風呂は一人で独占出来るので気楽に過ごせる。
b0091575_17362528.jpg
上述した露天風呂の「寝湯」はいい。これは寝るとカラダ全体が湯に浸かる程度の深さである。いいのは寝ると東側を向くということ。この季節日焼けするくらいに陽と相対する。なんとも開放感一杯のロケーションだ。


1時間半なんてのはあっという間の感じである。ここはジャグジーがない。自然というのを意識しているんだろうな。
b0091575_1738589.jpg
風呂からあがると色々と施設がある。我輩の場合、風呂に入りに来ているし車を利用しているので風呂上がりの一杯も無理なので結局は素通りで帰るのだが。


[PR]
by anton_ms | 2007-07-25 17:39 | 銭湯はパラダイス
line

あのとき掲げた僕らの旗だけが 今も揺れている時の風の中で(the flag)


by anton_ms
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31