Anton日々精進それから

antonmino2.exblog.jp ブログトップ

LIVEを観てから汗を流そう!!

昨日の無茶な散策のダメージがドバッと出てきた。辛いよう。
歩き過ぎなので脚にダメージが出るのは予想していたが、いやいや腰/背中/首までも痛いぞ。一日ゆっくりとするべきなのだが、どーしても出かけたい。三丁目整骨院がGW最後の治療日なのでメンテナンスを受ける。一時過ぎに銭湯セットを持って玄関を出る。さて、交通手段はどーしよ。自転車にするか大江戸線かだな。結局、大江戸線をチョイスして駅に向う。
b0091575_20261122.jpg
清澄白河駅で下車し、銭湯の場所を確認しつつ木場公園に向う。東西線の木場駅からより近そうだ。
さて木場ストックである。江東アマチュアバンド活動推進委員会主催、江東区後援となっているが「if」主導のアマチュアバンドによる野外LIVEでGW開催が恒例となっている。今回で10回を迎えたらしい、これ凄い事ね。地元からはPaper-ito君がスタッフとして参加していた。元SMC(本人は消したい過去らしいが)のKM田君の顔を見れると思って期待していたのだが、タイミングが合わず会えなかった。SMCが木場ストックに出たのは何年前だろうか?「if」でやったオーディションが懐かしい。
KM田君を探している時に「if」マスターのS藤さんの顔も見えたが挨拶せずに失礼した。2バンド観て木場公園イベント広場を後にする。炎天下でダメージを深めるよりも癒す事を優先してしまった。


b0091575_20262973.jpg
「辰巳湯」 月曜日定休
江東区三好1-2-3 03.3641.9436 15:00-24:00


えーと、銭湯らしくない銭湯である。ビルの1Fにコインランドリーがあり、その上に『ゆ』と記されたあまり大きくない看板があるのみ。入口は光沢のあるオフホワイトのボードに男/女の別、中央に絵画が飾られ、さらに生け花までいけられている。下駄箱もアイボリー系の色調であった。入口を入るとフロントっぽい番台がある。入場が4:00頃だったせいか、先客は13、4人ほどでさすがに浴室内部の撮影は断念。
浴槽は広く2槽。ジェットは寝湯が可能なものと座って受けるタイプが合わせて5カ所、なかなか充実している。寝湯でジェットを受けながら見上げるとビル内の銭湯とは思えないほど天井が高い。壁画はペンキ絵ではなく浅草観音温泉同様のモザイクタイルを使用したものであった。シャワーは珍しく家風呂のような手に持って使うタイプ。
b0091575_20264489.jpg
脱衣所と休憩スペースもちょいと変わっている。とにかく全てがオフホワイトである。やはり壁には絵画が飾ってあるし、大型TVはあるし、右下の画像がこのスペースの天井なんだが、分かるよな。まあ、江東区の風呂に入ること自体イレギュラーなことなので、こんな銭湯にぶつかるのもいいもんだと納得してお家に帰りますた。


[PR]
by anton_ms | 2007-05-03 20:27 | MY FOREPLAY MUSIC
line

あのとき掲げた僕らの旗だけが 今も揺れている時の風の中で(the flag)


by anton_ms
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31